Mass Vehicle Ledger - インセンティブベースのブロックチェーンモビリティエコシステム

MVLは、信頼できるデータをベースに、全ての自動車サービスの領域を1つに繋げます。 車をきちんと管理してきた所有者、安全で親切な運転手、丁寧な整備士、正直な中古車ディーラー等良質のデータ生産者とサービス提供者が公正なリワードを受け、全ての参加者と共に透明な取引ができるブロックチェーン基盤の統合モビリティー・エコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MVL
開始日時
2018-04-26
終了日時
2018-05-11
最低目標
1,500,000,000 MVL
最高目標
8,700,000,000 MVL
初回価格
0.0028 USD
トークン供給数
8,700,000,000
公式サイトへ Owner of Mass Vehicle Ledger?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率29%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    MVLチームは、モビリティサービスと車両関連事業を一つのエコシステムにつなげ、△情報を透明に共有し、△情報共有に対して報酬を提供し、△問題解決が必要な部分をブロックチェーンの技術を通じて改善することを目的とする。

    MVLチームが目標とする第一ステップは、△MVLエコシステムに望ましい影響を与える行為に対してトークンで報酬を与え、△MVLエコシステム内のサービスおよび販売製品をトークンで決済するシステムであるトークンエコノミーを実現することだ。まずMVLインセンティブプロトコルを設計し、これをMVLチームの初のモビリティサービスであるTADAに適用する計画だ。

    インセンティブプロトコルロジックは、テスト期間中に着実にモニタリングを行い、再調整を続ける計画だ。MVLアプリの開始と同時にポイントインセンティブが提供されてMVLトークンでTADAサービスの利用料が支給できるシステムが構築されれば、目標の一部が達成される。

    2018年下半期にはベトナムの主要都市を中心にライドヘイリングサービスの開始を予定している。今後も東南アジアを中心に各国に合わせたさまざまなモビリティ関連サービスを開始し、現地の有力企業と協業を進めるなど、MVLプロトコル適用によるエコシステムの拡張を図っていく。

    現在は、波及力の高いモビリティサービスから開始するが、安定化に入った以降は車両管理関連サービスも推進する予定であり、最終的には将来のすべての移動手段にさまざまな形でMVLプロトコルが適用されて実生活に有効に利用されるプロジェクトになることを目指している。

    MVLチームは今後、自動車産業と交通産業分野全般をMVLエコシステムにつなぎ、参加者にさまざまな利便性を提供しながら、収益を分かち合うために努力していきたい。また、これまで短期間で各国政府と公企業、グローバル企業との共同プロジェクトを進めてきた経験を活かし、これからもこのようなコラボレーションシステムを継続強化することで、様々な社会問題の解決に取り組んでいきたい。

    チーム すべてを見る

    Kay Woo
    Kay Woo
    CEO
    Jaehwa Han
    Jaehwa Han
    CTO, Blockchain Developer
    Woosung Son
    Woosung Son
    CSO
    Takuya Naruse
    Takuya Naruse
    Global Alliance
    Myunkyu Park
    Myunkyu Park
    Blockchain Developer
    Jineok Kim
    Jineok Kim
    Blockchain Developer

    人気STO/ICO記事

    • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

      韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
    • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

      投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
    • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

      世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ