Mass Vehicle Ledger - インセンティブベースのブロックチェーンモビリティエコシステム

MVLは、信頼できるデータをベースに、全ての自動車サービスの領域を1つに繋げます。 車をきちんと管理してきた所有者、安全で親切な運転手、丁寧な整備士、正直な中古車ディーラー等良質のデータ生産者とサービス提供者が公正なリワードを受け、全ての参加者と共に透明な取引ができるブロックチェーン基盤の統合モビリティー・エコシステムです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MVL
開始日時
2018-04-26
終了日時
2018-05-11
最低目標
1,500,000,000 MVL
最高目標
8,700,000,000 MVL
初回価格
0.0028 USD
トークン供給数
8,700,000,000
公式サイトへ Owner of Mass Vehicle Ledger?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率29%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    MVLチームは、モビリティサービスと車両関連事業を一つのエコシステムにつなげ、△情報を透明に共有し、△情報共有に対して報酬を提供し、△問題解決が必要な部分をブロックチェーンの技術を通じて改善することを目的とする。

    MVLチームが目標とする第一ステップは、△MVLエコシステムに望ましい影響を与える行為に対してトークンで報酬を与え、△MVLエコシステム内のサービスおよび販売製品をトークンで決済するシステムであるトークンエコノミーを実現することだ。まずMVLインセンティブプロトコルを設計し、これをMVLチームの初のモビリティサービスであるTADAに適用する計画だ。

    インセンティブプロトコルロジックは、テスト期間中に着実にモニタリングを行い、再調整を続ける計画だ。MVLアプリの開始と同時にポイントインセンティブが提供されてMVLトークンでTADAサービスの利用料が支給できるシステムが構築されれば、目標の一部が達成される。

    2018年下半期にはベトナムの主要都市を中心にライドヘイリングサービスの開始を予定している。今後も東南アジアを中心に各国に合わせたさまざまなモビリティ関連サービスを開始し、現地の有力企業と協業を進めるなど、MVLプロトコル適用によるエコシステムの拡張を図っていく。

    現在は、波及力の高いモビリティサービスから開始するが、安定化に入った以降は車両管理関連サービスも推進する予定であり、最終的には将来のすべての移動手段にさまざまな形でMVLプロトコルが適用されて実生活に有効に利用されるプロジェクトになることを目指している。

    MVLチームは今後、自動車産業と交通産業分野全般をMVLエコシステムにつなぎ、参加者にさまざまな利便性を提供しながら、収益を分かち合うために努力していきたい。また、これまで短期間で各国政府と公企業、グローバル企業との共同プロジェクトを進めてきた経験を活かし、これからもこのようなコラボレーションシステムを継続強化することで、様々な社会問題の解決に取り組んでいきたい。

    チーム すべてを見る

    Kay Woo
    Kay Woo
    CEO
    Jaehwa Han
    Jaehwa Han
    CTO, Blockchain Developer
    Woosung Son
    Woosung Son
    CSO
    Takuya Naruse
    Takuya Naruse
    Global Alliance
    Myunkyu Park
    Myunkyu Park
    Blockchain Developer
    Jineok Kim
    Jineok Kim
    Blockchain Developer

    人気STO/ICO記事

    • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

      空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
    • QtumがCoinCheckで取引可能に

      国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
    • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

      グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗