Luxbio - ブロックチェーン と 幹細胞 の現在、そして未来の治療法との結合

自己幹細胞治療を通じて病気の先制的予防と治療及び最上の健康維持サービスを提供致します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LBXC
開始日時
2018-10-15
終了日時
2019-01-20
調達金額
290,000,000 LBXC
最低目標
30,000 ETH
最高目標
300,000 ETH
初回価格
1 LB-COIN = 0.12 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Luxbio?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

高品格エスコートサービス

韓国(ソウル・済州)病院などを訪問される場合、リムジンサービス、通訳及び運転手、旅行案内など最上の便意サービスを提供します。

抗老化プログラム施術

専門スタッフたちの蓄積されたノーハウと技術を利用して顧客の皮膚及び美容に対する最上の施術プログラムを提供します。

抗老化及び疾患予防検診50%割引

ソウル大江南検診センター及び有数の検診センターとの連携を通じて、顧客オーダーメード型検診を提供、 人体年齢と免疫機能などをチェックして、前もって疾患や老化要素を除去してあげます。

幹細胞施術プログラム

国内最高技術力を基に、日本内幹細胞専門病院を建立して 安全な施術法で顧客の健康と美しさを維持/提供します。

幹細胞治療&追加治療の時50%割引

特定疾患に対する幹細胞治療プログラム: 認知症/黄班変性/糖尿病など現在動物臨床試験を終えた特化された治療サービスを提供します。

幹細胞保管

メンバーシップ会員に限って、韓国、中国、日本の専門センターでそれぞれ分散して、一生安全に保管されます。

チーム すべてを見る

Seok-jun Lee
Seok-jun Lee
CEO
hae-Kwon Kim
hae-Kwon Kim
CTO
ju-tae Kim
ju-tae Kim
COO
Hong-il Ma
Hong-il Ma
press
Samada Takao
Samada Takao
Doctor
James Jeon
James Jeon
Doctor

人気STO/ICO記事

  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ