Luxbio - ブロックチェーン と 幹細胞 の現在、そして未来の治療法との結合

自己幹細胞治療を通じて病気の先制的予防と治療及び最上の健康維持サービスを提供致します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LBXC
開始日時
2018-10-15
終了日時
2019-01-20
調達金額
290,000,000 LBXC
最低目標
30,000 ETH
最高目標
300,000 ETH
初回価格
1 LB-COIN = 0.12 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Luxbio?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

高品格エスコートサービス

韓国(ソウル・済州)病院などを訪問される場合、リムジンサービス、通訳及び運転手、旅行案内など最上の便意サービスを提供します。

抗老化プログラム施術

専門スタッフたちの蓄積されたノーハウと技術を利用して顧客の皮膚及び美容に対する最上の施術プログラムを提供します。

抗老化及び疾患予防検診50%割引

ソウル大江南検診センター及び有数の検診センターとの連携を通じて、顧客オーダーメード型検診を提供、 人体年齢と免疫機能などをチェックして、前もって疾患や老化要素を除去してあげます。

幹細胞施術プログラム

国内最高技術力を基に、日本内幹細胞専門病院を建立して 安全な施術法で顧客の健康と美しさを維持/提供します。

幹細胞治療&追加治療の時50%割引

特定疾患に対する幹細胞治療プログラム: 認知症/黄班変性/糖尿病など現在動物臨床試験を終えた特化された治療サービスを提供します。

幹細胞保管

メンバーシップ会員に限って、韓国、中国、日本の専門センターでそれぞれ分散して、一生安全に保管されます。

チーム すべてを見る

Seok-jun Lee
Seok-jun Lee
CEO
hae-Kwon Kim
hae-Kwon Kim
CTO
ju-tae Kim
ju-tae Kim
COO
Hong-il Ma
Hong-il Ma
press
Samada Takao
Samada Takao
Doctor
James Jeon
James Jeon
Doctor

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常