LOLTOKEN BY EIU.AC - 教育の未来

LOLエコシステムは私たちのユニークなコンセプトを通して、ブロックチェーン技術と私たちの計り知れない経験を使って、世界トップクラスの教育を受けることを誰にでも可能にします。 伝統的な教育システムとは異なり、LOLは、欧州国際大学からのテストと認定のための分散型デジタル学習教材市場を通じて、障壁を削減します。 AIとブロックチェーンの基本を使用して候補者の独自の特性を保存するためのFINGER PRINT DIGITAL PERSONALITY TESTの導入を含む、LOLのブロックチェーンベースの認証と参照の使用は、採用担当者や大学のコースや学位に一致します。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
LOL
開始日時
2019-06-15
終了日時
2019-11-15
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
42,000,000 USD
初回価格
0.0700 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of LOLTOKEN BY EIU.AC?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率55%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

発行、検証、証明書と学位の再検証、および既存のインフラストラクチャの最適化にブロックチェーンテクノロジを使用することによるコストの削減は、学術分野におけるLolcoin Smart Solutionsのその他の主な利点です。

Lolcoinは、この20年間でインターネットが私たちの日常生活を変えたように、ついに教育をハックし、学業を完全に中断させるために欠けている部分を構築しています。

既存の大規模オープンオンラインコース(MOOC)の最大の問題のいくつかは、積極的な参加者の参加の欠如および学習経験の個別化による低修了率および高ドロップアウト率です。

一方、LOL(Learn OnLine Platform)は、実際の教室または学習シナリオで行われることを厳密に再現して、学習者が最高レベルのエンゲージメントを経験し、プラットフォームで経験したすべての学習経験に積極的につながるようにします。

これは、ゲーミフィケーションと学習分析の統合によって達成されます。学習者は、LOLプラットフォームを介して配信されたコンテンツは、高度にパーソナライズされ、インタラクティブで魅力的で、実際の教室のシナリオによく似ていることに気付きます。これは、スマートインセンティブや研究成果の証明など、ブロックチェーンを使用したスマートデザインの統合によってさらに促進されます。学習の現実の正確な表現をさらに強化するために、人工知能および機械学習がLOLプラットフォームで利用されます。

チーム すべてを見る

Chang Yao-Lang
Chang Yao-Lang
Chairman
Lee Mei Chuan
Lee Mei Chuan
VICE-CHAIRPERSON
Edward Roy Krishnan
Edward Roy Krishnan
CEO
Ray D. De La Peña
Ray D. De La Peña
HEAD OF SCHOOL
Pranee Srisai
Pranee Srisai
THAI DIRECTOR
Gona Narula
Gona Narula
EARLY CHILDHOOD DIRECTOR

人気STO/ICO記事

  • 【7/16】世界ニュースまとめ - BinanceがKRWベースのステーブルコイン発行可能性、Bitmain社、マイニングマシンのメンテナンス認定コースを正式にリリースなど

    ブロックチェーンメディアCoindesk Koreaが世界最大暗号資産取引所バイナンスが正式に韓国市場に進出する予定であると16日報道した。また、この報道と同時に、韓国現地通貨であるウォンでのステーブルコインの発行も予想されると報じた。同メディアによるとバイナンスは「Binance LLC」という商号で5月16日、韓国で登記を済ませた。Binance LLCの理事はブロックチェーンフィンテック企業の(BXB Inc.)のカン・ジホ氏でBXB社は韓国で最初にステーブルコインを発行した企業。こういった背景のある企業との協業が予想されることやバイナンスのCFOが以前、ほかの法定通貨と連動されたステー
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka