Limitless - 無限の資本資金トークン

Limitless Capital Fundsはユーティリティトークンです。 LCFトークン保有者は、トークンを使用して、当社のホテル&リゾートで商品やサービスの支払いをすることができます。 また、ドル、ユーロ、ポンド、および円の値に固定されたトークンを作成することによって、ブロックチェーンを主流にすることを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LCF
開始日時
2019-01-01
終了日時
2019-03-01
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
72,000,000
公式サイトへ Owner of Limitless?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, ETC
供給率72%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

グローバルに利用できるようにするには、ホテル、リゾートやショッピングセンターなどで使用できるLimitlеѕѕ Utility tоkеn。

ドル、ユロ、ポンド、円建て「ステーブルコイン」を作成し、ブロックチェーンを主流にさせる。

簡単にウォレットを作成し、デビットカードを使用。

収益性の高い会社になる。

ロンドンおよび他の場所で2,000万ドルから2億ドルのホテルを買収もしくは建築。

Limitlеѕѕウォレットは limitlеѕѕ tоkеnと、ドル、ユロ、ポンド、円建て「ステーブルコイン」と保存。私たちのトークンを所有し、ボラティリティを回避するための安全策を投資者たちに提供。

より多くの顧客を引き付け、limitlеѕѕ tokenの価値を高める。

銀行口座や金融サービスにアクセスできない、または腐敗した政府を抱えている国にいる人々を助ける。彼らは支払われ、limitlessウォレットでドル、ユロ、ポンド、円建て「ステーブルコイン」を保有できる。

彼らはオンラインで使える仮想デビットカードを受け取る。

チーム すべてを見る

Richard MacDonald
Richard MacDonald
Chairman
Chris Fernand
Chris Fernand
CEO
Mayank Patel
Mayank Patel
CFO
Robert Masih
Robert Masih
CTO
Zaied Al Sultani
Zaied Al Sultani
Lawyer
Shira Levy
Shira Levy
CMO / Advisor

人気STO/ICO記事

  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
  • ノアシティ-分権国家の夢の実現

    新たな分散型経済を支持する人にとっての究極の夢は、ブロックチェーン技術の基本原則にのっとって運営される国家に居住することです。すなわち、民主主義、権力分配と分権、コンセンサスによる意思決定、デジタル自治といった原則です。この夢はノアシティによって現実になろうとしています。ノアプロジェクトは長期にわたって暗号資産市場に存在し続けています。最近、ノアプロジェクトはと提携して、ノアがその構築を目指すエコシステム全体をホストするための新ブロックチェーンの開発を進めています。Platinum Q DAOエンジニアリングが関わる別のプロジェクトが、です。これは分散型ネットワーク上で運営され、その分散型
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規