Lightcash Blockchain System - 世界初の実際に金担保通貨

Lightcashは現実の世界とブロックチェーンの間の境をなくす。 ブロックチェーンテクノロジーに基づいて構築されたLightcashサービスは法定通貨および仮想通貨取引の便利なメカニズムとその即時交換の新しいツールを利用してユーザーは仮想通貨で商品の代金を支払うことができる”一般”通貨で行い、最低の手数料がかかる決済取引多くの支払いターミナルおよびインタネットショップで行う。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
LCCT
開始日時
2018-03-12
終了日時
2018-06-11
初回価格
1 LCCT = 0,0002 ETH
トークン供給数
178,500,000
公式サイトへ Owner of Lightcash Blockchain System?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week 1 - 20%
  • Week 2 - 15%
  • Week 3 - 10%
  • Subsequent weeks - 5%

概要

Lightcashはリアル経済と分散型経済のため

為替取引

各種通貨交換のためのインナー取引所世界で通用する主な通貨の取引が可能になる:USD, RUB, PLN, UAH, BTC, LTC, DOGE, ETH,ZEK, XMR, KICK, ETC,など。

簡単なクラウドファンディング

本システムは、プロジェクト通貨を利用した会社のクラウドファンディングを可能にする。ユーザーは、保有する仮想通貨を基盤にして事実上ミニICOプロジェクトを立上げることができる。

預金のシステム

ユーザーは一般の銀行預金と同様に仮想通貨を入金し、金利も仮想通貨でもらうようになる。

自社のマーケットプレース

ユーザーはプロジェクト通貨を代金として払って(もらって)商品とサービスを購入(販売)できる内蔵ショップ。

簡単な買い物

Lightcashアカウントを利用してユーザーは、インタネットとオフラインで買ってきた商品(もらったサービス)の代金として保有している仮想通貨を使うこともできるようになる弊社が開発したユニークなAPI利用して。

バーチャルおよびプラスチックカード

非接触型決済の機能を持つバーチャルおよびプラスチックカードの発行が可能になる。

国債振り替え決済制度

Lightcashサービスは、~経由の送金と支払いを可能にするSWIFT/SEPA決済制度。

法人口座

実業家は、Lightcash法人口座を開設できる。たとえばQRコード支払いのため使うことができる。

チーム すべてを見る

Vyacheslav Vokin
Vyacheslav Vokin
CEO Entrepreneur, Lightcash Co-Founder
Alexey Kholmogorov
Alexey Kholmogorov
Lightcash Co-founder, owner of the gold mining company "Lapri mining"
Mikhail Maksimovich
Mikhail Maksimovich
CMO Head of digital marketing
Artem Yakovlev
Artem Yakovlev
Team leader
Alexander Lashkov
Alexander Lashkov
PR
Aleksey Pechkin
Aleksey Pechkin
STO Technical Director

人気ICO記事

  • 底打ちだろ?これ。俺はそう思うよ!

    今まで散々、下がる下がる行ってきましたがTweetでは昨日から上がる上がる言ってます。この記事を書いている最中にもまた一段階上がって6,500ドルを越えてきたようですという格言があるぐらいやから、ほんとに底を当てるのは難しいです。私も6350に下落したときに底宣言しておりました。一応、最後の下げが弱かったので半信半疑やったけど・・・。あれはいったい何だったのか?まぁまだ結論は出てないみたいだが、あれもクジラの相場を操作する手だとしたら非常にせこい・・・。実際、私のところにもかなり信頼できる方面からそんな話が入ってきておりました。まぁしかしそのおかげ?でショート1000ドル幅程度いただくこ
  • ALISユーザーが語る!ALISのココがダメ!

    はじめまして、ブルーモアイです。普段はALISで記事を書いているALISユーザーです。ALISは今、クローズドβです。そのため外部の方々には、内情が分かりづらいかと思います。そこで今回は、普段ALISを見ない方々のために、その内情をユーザー目線からご紹介します。というかをします!では、行ってみましょう。ALISクローズドβに投稿できる記事は、「」と「」のみです。そりゃね?腐っても仮想通貨界隈の人々ですから、数記事位なら楽々書けるんですよ。しかしそれを何十記事も、となると厳しい!常にネタ切れと隣り合わせです!そんなわけで、投稿数はβ版公開からじわじわ下がってます。少し前にはとして騒がれ
  • 0XCERTは固有のオンチェーン資産を誰でも創り出し、所有および検証できるようにするためのトークンセールを6月に公表します

    0xcertは他のブロックチェーンテクノロジーとは異なり、単なる’通貨’の移動ではなく、代替不可能な固有のトークンを実際に創出します。各トークンは現実世界の資産の刻印を持つものです。 新たなテクノロジーは、強力なdappsを構築するためのフレームワークをディベロッパーに供給します。その結果として、ブロックチェーン上にあるデジタルまたは現実世界の資産(身分証明書、学位、芸術品や不動産など)を認証および管理することができるようになります。共同設立者であり0xcert CEOのJure Zih"アプリケーションディベロッパーに安全な非依存型のブロックチェーンプラットフォームを備えるため