KIRIK - ブロックチェーンを結合するセマンティックメタプロトコル

KIRIK(KRK)プロジェクトの目標は、イーサリアムベースのスマートコントラクトの欠点のないセマンティックコントラクトの作成です。 セマンティックコントラクト=スマートコントラクト2.0。 この技術は、さまざまな分野の専門家が理解でき、さまざまなブロックチェーンとその外部の取引を行うことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
KRK
開始日時
2018-08-15
終了日時
2018-10-15
調達金額
0 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 KRK = $0.05
トークン供給数
700,000,000
公式サイトへ Owner of KIRIK?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYCWhitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

一方、セマンティックモデリング言語で作成されたスマートコントラクトは、一方では、適切なサブジェクトドメインの専門家によって容易に理解され、自動的に検証可能であり、コンピュータまたは他のデジタル装置上で実行することができます。

それは、人間の脳と人工知能との間の橋渡しを可能にします。つまり人工知能2.0と呼ばれています。

セマンティックコントラクトでは、ルールを設定し、ニューラルネットワークの動作をチェックすることができます。現在ただのブラックボックスようなものです。セマンティックコントラクトは、アイザック・アシモフのロボティクスの3つの法則と同様に、人間の言葉を使用して、複雑な神経回路網の動作を制御することができます。命を失う危険性が高いときなど。

ニューラルネットワークと人工知能の行動に対する法的責任の問題はまだ解決されていない。それにもかかわらず、セマンティックコントラクト言語で書かれた仕様の形で洗練されたソフトウェアシステム(または企業、分散システム、人工知能など)の最も重要なパラメータと作業条件を選別し、法的に適切なスマートコントラクトを導入することができます。この傾向はまもなく、多くの国の法律改正と新たな職業の誕生をもたらします - 例えば暗号弁護士。

Kirikは、プロジェクト、プラットフォーム、複雑なシステムの開発と管理のためのSemanticビジネスルールエンジンで、大幅にコストを削減し、より速く、より簡単にそしてより高いセキュリティで

柔軟なロジックと使いやすさ

過剰な開発は不要

基本的な技術知識を持っているプログラマーでない人のためのKirik Semantic Platform上のロジックの使用と構築が簡単

より速くより安全

従来のプログラミングより50〜75%高速

サンドボックスでのセマンティックルールの実行により一般的なセキュリティを向上させながら、KSPは製品の展開速度を2〜4倍高速化します。

低コスト

従来のプログラミングと比べて80〜90%のコスト削減

検証済みのコマーシャルケーススタディは、技術開発における80%以上のコスト削減のベンチマークです。 40:8工数の割合で削減

Kirikはセマンティックモデリングとプログラミングに基づいてAIの新しいアプローチを作成します。 このアプローチの数学的基礎は、科学アカデミーのYuri Yershov、Sergey GoncharovおよびDoctor Dmitriy Sviridenkoによって、Institute of Mathematics、ロシア科学アカデミーのシベリア支部で開発されました。 Kirikのコンセプトは、LibrettoLabs、Eyeline.mobi、MiniApps.pro、およびInstitute of Mathematics - ロシア科学アカデミーのシベリア支部による共同の基礎に基づいて開発されています。

Kirikセマンティックプラットフォーム

2012年以降商業的に証明された技術と200MM +のエンドユーザー

セマンティック技術の開発は1980年代に3人のロシアの数学者によって始められました。そのうちの一人が私たちの主任研究員です。 Kirik Semantic Platformは2006年に開発を開始し、2012年は私たちのプラットフォームの最初の商用実装でした。

当時から、私たちは何百という成功した商業プロジェクトにKSPを実装し、Kirik Semantic Platformを使用することによる商業上の利益を証明しました。

私たちは無料版を開発し、より効率的になり、素晴らしいサービスや製品を作りたい開発者と共有することにしました。

Kirik Semantic Platformの利点:

  • 意思決定の自動化
  • 意思決定システムのシミュレーションモデリング
  • 開発コストを80%削減
  • ソフトウェアの所有コストを90%削減
  • DSL は開発コストを少なくとも75%削減
  • サンドボックス内でのセマンティックルールの実行によるセキュリティの向上
  • システムセキュリティと完全性のリスクなしに第三者がルールを設定することができます。

チーム すべてを見る

VITALY GUMIROV
VITALY GUMIROV
CEO
YURI PESHKICHEV
YURI PESHKICHEV
COO
PETER MATYUKOV
PETER MATYUKOV
VP R&D
BJORN LESTRUD
BJORN LESTRUD
HEAD OF COMMUNITY
IGOR BOLDYREV
IGOR BOLDYREV
VP PARTNERSHIP
DMITRY SVIRIDENKO
DMITRY SVIRIDENKO
CHIEF SCIENTIST

人気STO/ICO記事

  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調