Japan Content Token - 独自のチケット配布プラットフォーム

Japan Content Tokenプロジェクト、JCTプロジェクトは、ブロックチェーン技術を利用して、特に海外からの訪問者がさまざまな日本の「コンテンツ」を検索し、体験できるプラットフォームを実現します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
JCT
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Japan Content Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

JCTは全く新しい価値を生み出すプラットフォームを作ります。

このプラットフォームは、ブロックチェーンテクノロジの3つの要素を活用することによって、参加者に明確なメリットを提供します。

その上、最初から、JCTプロジェクトは、プラットフォームを活用するためにグループ会社として経験豊富な事業体を取り込み、まもなくリリースされる特定の加盟組織も計画します。

さらに、このプラットフォームは、プラットフォームの使用法に従って市場からのトークンの吸い上げを確実にすることによって、交換市場におけるトークンの過度の流動性を最小限に抑えるためのメカニズムを含みます。さらに、発行される最初のトークンは約3,000万枚になり、トークンの量はプラットフォームの成長を監視することによって、10年間で徐々に最大2億5,000万まで増加します。

このプロジェクトは、複数の企業の上場経験を持ち、ビジネス開発の経験も豊富であり、日本を代表するアートディレクターを擁する起業家の経営陣によって導かれています。この経営陣は、強力なパートナーである中国で生まれたブロックチェーン業界の最も有力な支持者の1人であるCybex、および複数のグローバルR&Dセンターを保有するMonstar Lab、Inc.によってサポートされています。

このJCTプロジェクトは、実際のビジネス、強力な開発システム、および豊富な経験を持つ管理チームに支えられた日本で最初のプロジェクトです。

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: