indaHash - 唯一無二のインフルエンサーマーケティングプラットフォーム

indaHashは現在、70以上の市場で30万人以上の影響を与える人を対象に、ブランドが地域および世界規模のキャンペーンを行うことを可能にする、デジタル・インフルエンサーの世界最大の自動化プラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IDH
開始日時
2017-11-01
終了日時
2017-11-08
最低目標
40,000,000 IDH
最高目標
320,000,000 IDH
初回価格
1 ETH = 3200 - 4480 IDH
トークン供給数
320,000
公式サイトへ Owner of indaHash?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 40%
  • Week 1 - 20%
  • Week 2 - 10%

概要

私たちの使命は、デジタルインパクターを使って今までにない最高のキャンペーンを提供し、ブランドのコミュニケーションに真正性を戻すことです。

Fortune 500のブランドのほとんどのブランドで働いているindaHashは現在、7か国(ドイツ、イギリス、ポーランド、米国、シンガポール、アラブ首長国連邦、南アフリカ)で130人以上の人材を雇用しています。確立されてから2年足らずで、世界中の300,000人のインフルエンザを獲得し、70以上の国際市場で1,000以上のキャンペーンを実施しました。

indaHashの話は、インフルエンサーとブランドのコラボレーションプロセスを自動化するバーバラ・ソルティシンカ(CEO&Co-Founder)のアイデアから始まります。アイデアは、技術的に高度なアプリを作成することでした。ここでは、キャンペーンプロセス全体が含まれますが、これに限定されません。交渉プロセス、コンテンツの作成、支払い問題などが発生します。 Barbara Soltysinska - ErnstやYoung Entrepreneur of the Yearのような多くの賞を受賞した2016年:Man Business The Year 2015 IAB MIXX Awardは、キャリアの始まり以来、メディア市場で活躍しています。 2013年には、CEEで最大のMCNであるLifeTubeを共同設立しました。これは、YouTubeとのコラボレーションの世界でのパイオニアでした。 Barbara Soltysinskaは、本当に素晴らしい結果を達成するためには、コラボレーションの鍵を自動化する適切なテクノロジープラットフォームが必要であることを直ちに認識しました。

2016年、BarbaraはLifeTubeを販売しました。彼女はindaHashに集中することを決めた。それはアルファ版での招待状に取り組んでいて、メディアや影響力のある人たちから多くの注目を集めました。迅速なPoCを実施した後、事業は期待される結果を生み出し始めた。ワルシャワ、ロンドン、ベルリンの最初の事務所が開設されました。最初の6ヶ月後、同社は損益分岐点を達成し、異なるヨーロッパ諸国で30人以上の人材を雇用していました。次の決定は、グローバルに拡大することでした。最初のパートナーシップは、MediacomやHavasなどの最大のメディアエージェンシーとのパートナーシップでした。インディアハッシュは、Huawei、Pepsi、Lays、L'orealなどのブランド向けに、最初の国際キャンペーンを実施しました。 2017年、NYC、ドバイ、ヨハネスブルグにオフィスを開設し、ビジネスの成長と拡大を専門とする専門家を雇いました。 indaHashは、Accenture Consumer Tech Award、Media Mena Festival賞、Newsweek Innovator賞など多くの有名な賞を受賞しました。

なぜindaHash

世界最大級のインフルエンサー基盤を誇る

indaHashのプラットフォーム上ではインフルエンサー登録の際、承認の前後に非常に厳密なプロセスを行っている事からリアルな人々にリーチが可能です。90ヵ国からの80万人以上のアプリに登録されているインフルエンサーにより、複数の市場での拡張性のあるキャンペーン実行を可能とします。

グローバル企業からの信頼

弊社のプラットフォームは世界中の大手企業様よりご愛好頂いており、最高の品質とバリューを保証するべくテスト済みです。

オール・インクルーシブでの価格設定

基本的に別途料金は存在しないため、常に何にお金を使っているかを明確化する事が出来ます。技術料から報告書作成費まで、全ての料金がCPM,CPEまたはCPVレートに含まれているので、とてもシンプルです。

indaHash Dealを使用すると、簡単で自動化された方法でインフルエンサーの投稿に対する割引やサービスを交換できます。 誰と仕事をしているのか、どのタイプの投稿を作成したいのかを完全に制御できます。 また、インフルエンサーにフォロワーのための専用割引コードを提供し、ROIを簡単に追跡することもできます。

INDAHASHコインをインフルエンサー市場の世界標準に

洗練されたクリプトエコノミーにより現在急成長中のインフルエンサー市場でのindaHashコイン世界標準化を可能にします。私達はindaHashコインによりインフルエンサー市場をトークン化し各ブランド、インフルエンサー及び観衆間により発生する主な問題や挑戦の解決を目的とします。

インフルエンサートークン

インフルエンサーの力はリーチ数だけではありません、その力はフォロワーの意見、行動及び購入意向への影響も及ぼします。indaHashはファン活動を重要視しインフルエンサートークン量を微調整出来る新システムを導入します。トークンを受け取ったファンはインフルエンサーとの何らかの交流が出来る権利との交換が出来ます。

PAY-WITH-FAME

この新機能はインフルエンサーがブランドの様々な商品やサービスへのディスカウントを取得出来るようにする事により関係性を新しくします。ブランドは流行のきっかけとなる人々による口コミを得るチャンス増加に繋げる事が可能です。

チーム すべてを見る

Barbara Soltysinska
Barbara Soltysinska
CEO
Darek Zielinski
Darek Zielinski
COO
Daniel Wroblewski
Daniel Wroblewski
Chief Software Architect
Bok Khoo
Bok Khoo
Smart Contract Auditor
Federico Dedeu
Federico Dedeu
Business Development Leader
Ashwin Chandoesing
Ashwin Chandoesing
Business Development Director

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他