iAM - コンセンサスのポイント

iAMのパーソナルケア記録プラットフォームは、ブロックチェーン技術を使用して医療業界の世界的な問題を解決します。iAMのプラットフォームは、消費者と医療従事者の両方にとってユニークなソリューションです。 健康、社会福祉のすべての関係者は、患者、医師、看護師、ケア提供者、資金提供者、保険会社、製薬会社、研究者を含むiAMソリューションの恩恵を受けることができます。 iAMプラットフォーム用に特別に開発された機能は、世界の医療費を削減しながら臨床成果を向上させます。 iAMは、エビデンスベースのパーソナルケアの経路を通じて臨床プロセスを自動化し、手動データ入力を最小限に抑えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IAM
開始日時
2018-10-15
終了日時
2018-12-31
初回価格
1 IAM = 0.40 USD
トークン供給数
250,000,000
公式サイトへ Owner of iAM?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 24 Sept – 12 Nov - 88%
  • 19 Nov -29 Nov - 60%
  • 29 Nov-10 Dec - 40%
  • 10 Dec-20 Dec - 20%
  • 20 Dec- 31 Dec - 0%

概要

数十億ドルの問題を解決する業界のソリューション!

Instant Access Medicalは、あなたのコントロール下で一生の健康記録を作成することで、すべてを変えています。簡単でポータブルな健康データの管理を包括的かつ最新の記録で行い、SMARTがヘルスケアの専門家と共有して最高の成果を得る能力。

iAMの統一されたプラットフォームは、保険詐欺、服薬アドヒアランス、処方乱用、医療データの移動性の問題など、医療上の最大の問題を解決します。企業のパートナーであるGuardtime、Healthcare Gateway、DXSでは、当社のソリューションには英国の人口の70%以上がアクセスできます。ユーザーはレコード(ブロックチェーンで保護された)を共有し、iAMトークンでサービスを支払うことができます。私たちの医療経済は、スマートコントラクトによって支配されています。患者、医師、保険会社、研究者、公衆衛生機関、および大手製薬会社は、しばしば異なる目標を持っています。 iAMは競合する目標を調整し、すべての参加者にウィンウィンアウトカムを提供します。我々はこれをコンセンサスのポイントと呼ぶ。

チーム すべてを見る

Stan Shepard
Stan Shepard
Chairman and CEO
Jonathan Dawson
Jonathan Dawson
Clinical Director
Ray Jordan
Ray Jordan
Solutions Director
Russell Beattie
Russell Beattie
CEO Australia
Andrew Bonner
Andrew Bonner
CEO
Nicholas Beattie
Nicholas Beattie
Digital Economy Director

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 【7/17】世界ニュースまとめ - 仮想通貨投資で有名だった「青汁王子」懲役2年求刑、サモア当局、「スキャムプロジェクトOneCoin」のマネーロンダリング調査開始

    日刊スポーツの報道によると2月12日逮捕された「メディアハーツ」(現ファビウス)の前社長、三崎優太被告(30)が16日懲役2年が求刑された。三崎氏は約1億8000万円の脱税で法人税法違反の罪に問われていた。「青汁王子」と知られている三崎氏は広告費と偽って会社の資金を知人が経営する会社に送金させる方法で脱税を行っていた。脱税した不正資金は株式や仮想通貨の購入などに使ったとのこと。三崎氏は「仮想通貨『ICO投資』ってやつで10万円を2億円にしてみた」や「仮想通貨ICO投資で50億円稼ぐ」という本の著者であり、テレビ番組にも出演していた。同氏はツイッターを通じ、焼き鳥店でアルバイトとして勤務している