Hot Cross - ブロックチェーンチームとそのコミュニティの両方のために作られたマルチチェーンツールスイート

この要約の目標は、ブロックチェーンチームとそのコミュニティの両方のために作成されたマルチチェーンツールスイートであるHot Crossの設計、開発、およびユーザージャーニーを予備的な方法で探検することです。 Hot Crossは、中核としてEVMネットワークのツールボックスを目指しており、クロスチェーンツールが機能するという論文があれば、非EVMチェーン(Polkadot、Cosmos、Solanaなど)に拡張します。 私たちの開発哲学はアジャイルであり、可能性に基づく過剰な約束を避け、ブロックチェーンのニーズが進化するにつれてそれに応えることに焦点を合わせます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
HOTCROSS
開始日時
2021-05-20
終了日時
2021-05-20
最高目標
2,500,000 USD
初回価格
0.05 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Hot Cross?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨CAKE-BNB LP, Others
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Hot Crossは、ブロックチェーンチームとそのコミュニティの繁栄を可能にするマルチチェインツールスイートです。現在までに、以下の製品を開発しています。

  • Cross Bridge:使いやすいETHからBSCへのブリッジで、多くの素晴らしいチームをBinance Smart Chainのエコシステムに招き入れました。
  • Cross Pool(クロスプール):5月24日にローンチするBinance Smart Chain上のLaunchpoolで、業界全体で最高の企業6社による監査を受けています。
  • Cross Mint:Binance Smart ChainとEthereum上での迅速なNFT作成に特化したシンプルなNFTミンターです。
  • Cross Connect: BSC、Heco Chain、PolygonなどのETHとEVMのネットワークチェーンに接続するための再利用可能なUIコンポーネントです。
  • クロスAPI:近日公開予定のオープンAPIで、Cross Poolのプール、Cross BridgeのTVL、PancakeSwapのLPトークンの価格など、Hot Crossのエコシステムにおけるすべての情報を含みます。

要するに、Hot CrossはETHとEVMネットワークに焦点を当てたツール会社であり、ブロックチェーンチームが自由に必要とする小売に適した製品を作ることに真の情熱を持っています。

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[