Hot Cross - ブロックチェーンチームとそのコミュニティの両方のために作られたマルチチェーンツールスイート

この要約の目標は、ブロックチェーンチームとそのコミュニティの両方のために作成されたマルチチェーンツールスイートであるHot Crossの設計、開発、およびユーザージャーニーを予備的な方法で探検することです。 Hot Crossは、中核としてEVMネットワークのツールボックスを目指しており、クロスチェーンツールが機能するという論文があれば、非EVMチェーン(Polkadot、Cosmos、Solanaなど)に拡張します。 私たちの開発哲学はアジャイルであり、可能性に基づく過剰な約束を避け、ブロックチェーンのニーズが進化するにつれてそれに応えることに焦点を合わせます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
HOTCROSS
開始日時
2021-05-20
終了日時
2021-05-20
最高目標
2,500,000 USD
初回価格
0.05 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Hot Cross?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨CAKE-BNB LP, Others
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Hot Crossは、ブロックチェーンチームとそのコミュニティの繁栄を可能にするマルチチェインツールスイートです。現在までに、以下の製品を開発しています。

  • Cross Bridge:使いやすいETHからBSCへのブリッジで、多くの素晴らしいチームをBinance Smart Chainのエコシステムに招き入れました。
  • Cross Pool(クロスプール):5月24日にローンチするBinance Smart Chain上のLaunchpoolで、業界全体で最高の企業6社による監査を受けています。
  • Cross Mint:Binance Smart ChainとEthereum上での迅速なNFT作成に特化したシンプルなNFTミンターです。
  • Cross Connect: BSC、Heco Chain、PolygonなどのETHとEVMのネットワークチェーンに接続するための再利用可能なUIコンポーネントです。
  • クロスAPI:近日公開予定のオープンAPIで、Cross Poolのプール、Cross BridgeのTVL、PancakeSwapのLPトークンの価格など、Hot Crossのエコシステムにおけるすべての情報を含みます。

要するに、Hot CrossはETHとEVMネットワークに焦点を当てたツール会社であり、ブロックチェーンチームが自由に必要とする小売に適した製品を作ることに真の情熱を持っています。

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗