Horizon Protocol - DeFiプラットフォーム

Horizonプロトコルは、実体経済を表すオンチェーン合成アセットの作成を容易にするDeFiプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
HZN
開始日時
2021-04-15
終了日時
2021-04-15
最高目標
2,500,000 USD
初回価格
$0.25 USD
トークン供給数
10,000,000
公式サイトへ Owner of Horizon Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームBSC
タイプBEP20
参加可能通貨Others
供給率10%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Horizon Protocolは、現実の経済を代表する合成資産のオンチェーン取引を促進する新しいDeFiプラットフォームです。Horizon Protocolは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトを介して、実世界の資産のリスク/リターンプロファイルへのエクスポージャーを提供することを目指しています。Synthetixから分岐したHorizon Protocolは、実績のあるデリバティブ流動性プロトコルを活用し、DeFiエコシステムに相互運用性、スケーラビリティ、そして取引可能な現実世界のデリバティブ商品の全く新しいラインナップをもたらします。Horizon Protocolは、BinanceエコシステムへのコミットメントとBinance Smart Chain (BSC)へのネイティブ実装により、ユーザーにEthereumブロックチェーンでは現在不足しているスピードと信頼性を提供します。

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ