Horizon Communications - ワイヤレスインターネットが改善された最先端のLTE

ホライズン・コミュニケーションズ(Horizon)は、次世代の固定無線LTEとブロックチェーン技術を使用してサービスを提供する技術主導の企業です。 ホライズンの目標は、顧客が現在、貧弱で信頼性が低く、高価なサービスを受けている地域で、高速インターネット(2018年に150mbps、2019年に300mbps)、高精細ケーブルテレビとVOIP電話サービスを提供することです。 資本調達が完了すると、Horizonは2018年後半から2018年の間に、その主要市場であるバミューダから開始する予定です。今後数年間、カリブ海と中米諸国への拡大に注力します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HRZN
開始日時
2018-03-19
終了日時
2018-04-20
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
40,000,000 USD
初回価格
1 HRZN = 0.0008 ETH
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Horizon Communications?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BLOCKCHAINは財政とデータの未来です。 WIRELESSは通信の未来です。 Horizo​​n Communicationsは、バミューダに本拠を置き、カリブ海にサービスを提供する高速インターネットサービスプロバイダ(ISP)になります。

ラストマイル配信のためのLTE固定無線をエンドユーザーに利用します。当社のサービスには、2018年から2019年の間に最大150-300Mbpsのインターネット速度が含まれ、2018年後半より高速になります。高速インターネットサービスと並んで、高品質テレビサービスとVoIP(Voice over Internet Protocol)電話サービスも提供します。

このワイヤレスネットワークインフラストラクチャは、4G LTE-Advancedを基準としてカスタムされたソフトウェア無線システムで配信されます。資本調達の完了時に、Horizo​​nは2018年後半にBermudaとBVIで事業を開始する予定です。同じ技術を使用して、今後数年間でカリブ海諸国およびその他の中米諸国に拡大します。

Horizo​​nトークンは、ブロックチェーン上に構築されたユニークで新しいEthereumベースのトークンです。 Horizo​​nエコシステム内でサービスにアクセスしたり、サービスを割引するために使用するように設計されています。Horizonトークンは、互換性のあるERC20ウォレットを使用してトークンホルダー間で簡単に転送や交換ができます。

将来的には、Horizo​​nはEthereumのHRZN Tokenオーナーに配当を分配するために、年間利益の最大15%を使用する予定です。 Horizo​​nはまた、投資家からの買い戻しも行います。

チーム

Sydney Ifergan
Sydney Ifergan
CMO
Paul Benevides
Paul Benevides
Gilbert Darrell
Gilbert Darrell
Founder
Elizabeth Schaefer
Elizabeth Schaefer
COO
Ross Barkwell
Ross Barkwell
VP of Business Development
Anthony Mocklow
Anthony Mocklow
Sales and Marketing

人気STO/ICO記事

  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ