Horizon Communications - ワイヤレスインターネットが改善された最先端のLTE

ホライズン・コミュニケーションズ(Horizon)は、次世代の固定無線LTEとブロックチェーン技術を使用してサービスを提供する技術主導の企業です。 ホライズンの目標は、顧客が現在、貧弱で信頼性が低く、高価なサービスを受けている地域で、高速インターネット(2018年に150mbps、2019年に300mbps)、高精細ケーブルテレビとVOIP電話サービスを提供することです。 資本調達が完了すると、Horizonは2018年後半から2018年の間に、その主要市場であるバミューダから開始する予定です。今後数年間、カリブ海と中米諸国への拡大に注力します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HRZN
開始日時
2018-03-19
終了日時
2018-04-20
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
40,000,000 USD
初回価格
1 HRZN = 0.0008 ETH
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Horizon Communications?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BLOCKCHAINは財政とデータの未来です。 WIRELESSは通信の未来です。 Horizo​​n Communicationsは、バミューダに本拠を置き、カリブ海にサービスを提供する高速インターネットサービスプロバイダ(ISP)になります。

ラストマイル配信のためのLTE固定無線をエンドユーザーに利用します。当社のサービスには、2018年から2019年の間に最大150-300Mbpsのインターネット速度が含まれ、2018年後半より高速になります。高速インターネットサービスと並んで、高品質テレビサービスとVoIP(Voice over Internet Protocol)電話サービスも提供します。

このワイヤレスネットワークインフラストラクチャは、4G LTE-Advancedを基準としてカスタムされたソフトウェア無線システムで配信されます。資本調達の完了時に、Horizo​​nは2018年後半にBermudaとBVIで事業を開始する予定です。同じ技術を使用して、今後数年間でカリブ海諸国およびその他の中米諸国に拡大します。

Horizo​​nトークンは、ブロックチェーン上に構築されたユニークで新しいEthereumベースのトークンです。 Horizo​​nエコシステム内でサービスにアクセスしたり、サービスを割引するために使用するように設計されています。Horizonトークンは、互換性のあるERC20ウォレットを使用してトークンホルダー間で簡単に転送や交換ができます。

将来的には、Horizo​​nはEthereumのHRZN Tokenオーナーに配当を分配するために、年間利益の最大15%を使用する予定です。 Horizo​​nはまた、投資家からの買い戻しも行います。

チーム

Sydney Ifergan
Sydney Ifergan
CMO
Paul Benevides
Paul Benevides
Gilbert Darrell
Gilbert Darrell
Founder
Elizabeth Schaefer
Elizabeth Schaefer
COO
Ross Barkwell
Ross Barkwell
VP of Business Development
Anthony Mocklow
Anthony Mocklow
Sales and Marketing

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし