HOLOCHAIN - スケーラブルなエージェント中心分散コンピューティング

Holochainは、アーキテクチャとプロトコルに直接組み込まれたユーザー自治権を持つ分散ウェブを可能にします。 データは私たちのこれまでの経験と共有した経験を思い出すことに関するものです。 そのデータの保存と処理を分散させることで、私たちの調整方法ややり取り方法が変わることができます。 ユーザーの管理下にあるデジタル統合により、Holochainは私たちの選択と情報に対する企業の管理から私たちのオンライン生活を解放します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HOT
終了日時
2018-05-01
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of HOLOCHAIN?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Holochainは人々を助けます:

  • 自分のデータを所有する
  • 自分の身元を管理する
  • ニーズに合わせてアプリケーションを接続する
  • 集中型システムなしでトランザクション
  • 軽量、高速、安価なアプリケーションを構築

Holochainアプリ:

  • ガバナンスとコラボレーション
  • ソーシャルメディア、ソーシャルネットワーク、およびベンダーリンク
  • 経済とプラットフォーム協同組合のアプリの共有
  • サプライチェーンの勝利と社会的コミュニティ

今JavaScriptまたはLispでプラットフォーム上で最先端の分散アプリケーションを構築することができます! カスタマイズ可能なUI、Holochainアプリケーション間でキーとIDを管理するHolochain DPKIアプリケーション、通常のウェブブラウザに暗号アプリケーションを提供するためのHoloプラットフォーム、暗号アプリケーション間のAPIブリッジ、分散アプリを更新する際のデータ移行機能などのコアサービスにアクセスできます。

チーム

David Meister
David Meister
Holochain Core
Arthur Brock
Arthur Brock
Chief Architect
Ashanti Mutinta
Ashanti Mutinta
Holochain Core

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7