Hive Power - ブロックチェーンによって保護された分散型エネルギーコミュニティを構築する

Hive Powerは、ブロックチェーン上の地元のエネルギーコミュニティの創造と管理のためのターンキーソリューションを開発し、代金を引き下げ、資産を査定することにより、参加者の経済的最適化を実現します。 Hive Powerはメータープロデューサーと協力して、安全にエネルギーをトークン化できるブロックチェーンレディーエネルギーメーターを構築します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HVT
開始日時
2018-06-11
終了日時
2018-06-30
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
11,000,000 USD
初回価格
1 HVT = 0.25 USD
トークン供給数
54,000,000
公式サイトへ Owner of Hive Power?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率50%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域China, USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Royal Jelly - 5 Million HVT (1 HVT = 0.192 USD) - 30%
  • Honey - 20 Million HVT (1 HVT = 0.227 USD) - 10%

概要

ビジョン

私たちのビジョンは、より明るい未来のための共有エネルギーの世界を作り出す、Etherumブロックチェーン上の電気エネルギーコミュニティを作成し、管理する可能性を皆に提供することです。

電力セクターは、大規模な発電所(水力、石炭、ガス、原子力)による集中型アプローチから、太陽光や風力などの分散型エネルギー資源(DER)を採用する分散型シナリオに移行するパラダイムの変化に直面しています。

私たちは、将来の電気グリッドは、消費者、消費者、電力会社間のエネルギー共有の増加、エネルギー資源とインフラストラクチャーの利用の最適化によって特徴付けられるべきであると考えている。いくつかの国では、現在のバンドルされていない状況により、エンドユーザはエネルギー供給者を自由に選ぶことができます。この文脈では、ブロックチェーン、より具体的にはエテリアムなどの技術を有効にすると、地方のプロシューマーは、無視できる限界費用

チームとプロジェクト

Hive Powerは、2017年8月、電気負荷管理の分野で活躍する研究者チーム(スイスの電気インフラストラクチャセンター(SCCER)の一員として、スイス南部の応用科学大学(SUPSI))に資金提供されたスピンオフです。 -FURIES)。 Hive Powerは完全に公的なブロックチェーン上で実行されているプラットフォームを開発しています。私たちの目標は、すべての参加者が経済的利益を保証されたエネルギー共有コミュニティを創ることです。他のエネルギー共有市場制度とは対照的に、Hive Powerプラットフォームは、配電網の電力品質基準など、グリッドの技術的側面を考慮して設計されています。

チーム すべてを見る

Gerardo Lecuona
Gerardo Lecuona
Power Electronics Industry
Barbara Antonioli Mantegazzini
Barbara Antonioli Mantegazzini
Energy Economics
Emanuele Cesena
Emanuele Cesena
Cryptography & Security
Arthur Gervais
Arthur Gervais
Blockchain and Off-chain Scalability
Rami Khalil
Rami Khalil
Off-chain Payment Networks
Marco Merlo
Marco Merlo
Electrical Grids

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常