HireMatch - 最初の分散型ブロックチェーン雇用市場

HireMatch.ioは、伝統的なリクルーターやヘッドハンターに依存しない、特許出願中の分散型雇用市場です。 HireMatchネットワーク上のユーザエージェントを採用することにより、P2P分散型雇用市場がユーザーエージェントのインセンティブとして、当社のトークンを使用します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HIRE
開始日時
2017-10-01
終了日時
2017-10-31
トークン供給数
78,000,000
公式サイトへ Owner of HireMatch?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

他の人が仕事を見つけるのを助けるために支払われる

HireMatch.ioは、企業が才能を求めているときに、高価なリクルーターのような第三者仲介業者の摩擦やコストを排除する初の分散型アプリケーション(DApp)です。 HireMatchは、「HIRE」と呼ばれるERC20トークンを使用して、新しい従業員を見つけ、インタビューし、獲得するためのコストを削減します。誰でも、仕事を見つけるのを助け、従業員を見つけるのを助けるために、報酬を受け取ることができます。

HIREを取得する方法

  1. HIREトークンを獲得する/企業の従業員を探す

トークンの主な用途は、ユーザーエージェントに仕事の応募者を見つけ、推薦し、確認するようにインセンティブを与えることです。モバイルアプリを使用するか、APIでプラットフォームと接続し、アプリを開発することで、誰でもHIREトークンを獲得できます。

チーム すべてを見る

Armando Pantoja
Armando Pantoja
Chief Architect, CoFounder
Chad Kettering
Chad Kettering
Chief Marketer, CoFounder
M.J. Pantoja
M.J. Pantoja
Advisor, Human Resource Expert
Aladin Ben Sassi
Aladin Ben Sassi
UI/UX Developer
Michael Gord
Michael Gord
MLG Blockchain Consulting
Baer Noldus
Baer Noldus
Randstad

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本