Gilgamesh Platform - 知識共有ソーシャルネットワークプラットフォーム

Gilgameshはイーサリアムスマートコントラクトとブロックチェーンテクノロジを搭載した知識共有ソーシャルプラットフォームです。 ネットワークは読者、評論家、および著者が互いにコミュニケーションしてつなぐ方法を変えます。 Gilgameshはイーサリアムスマートコントラクトとブロックチェーンテクノロジを搭載した知識共有ソーシャルプラットフォームです。 ネットワークは読者、評論家、および著者が互いにコミュニケーションしてつなぐ方法を変えます。 Gilgameshプラットフォームの生産的なやりとりや約束は、ユーザーがスマートコントラクトを通じてイーサリアムブロックチェーン上でGILトークンを獲得できます。 彼らはアプリ内の商品やサービスにGILトークンを使い、プラットフォームのガバナンスに投票することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GIL
開始日時
2018-01-15
終了日時
2018-03-26
調達金額
1,500,000 GIL
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
トークン供給数
60,000,000
公式サイトへ Owner of Gilgamesh Platform?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week 1 - 27%
  • Week 2 - 24%
  • Week3 - 21%
  • Week 4 - 18%
  • Week 5 - 15%
  • Week 6 - 12%
  • Week 7 - 9%
  • Week 8 - 6%
  • Week 9 - 3%
  • Week 10 - No bonus

概要

Gilgameshは、イーサリアムのスマートコントラクトとブロックチェーン技術を搭載した知識共有ソーシャルプラットフォームです。ネットワークは、読者、評論家、作者が相互にコミュニケーションしてつながる方法を変えます。ユーザーは、Gilgameshプラットフォームを使用して、広範な学習と教育を促す保護された環境で知識を獲得し、伝達し、人類がより慎重になるよう促します。 Gilgameshプラットフォームの生産的なやり取りや取り組みは、スマートコントラクトを通じて、イーサリアムブロックチェーン上のユーザーGILトークンを獲得します。彼らは、アプリ内の商品やサービスにGILトークンを使い、プラットフォームのガバナンスに投票することができます。

Gilgameshソーシャルアプリ

イーサリアムブロックチェーンに基づく初めての知識共有ソーシャルネットワークプラットフォーム

ソーシャル

読者と著者の知識を結びつけ、学習し、共有する

安全

機密データは暗号化され、IPFSおよびイーサリアムのスマートコントラクトに安全に保存されます

プライバシー

検閲は不要で、機密情報は分散された分散ネットワークに安全に保管されます

シンプル

クリーンで、シンプルで、フレンドリーで、一貫性のあるユーザーエクスペリエンスは、ブックリーダーと著者の認知負荷を排除します。

儲ける

有意義なプラットフォームへの貢献とエンゲージメントのためにERC20 GILトークンを受け取る

購入

書籍やサービスを購入するためにGILトークンを使う

Gilgamesh投票DAPP

Gilgamesh投票DAPPはGILトークン保持者を有効にし、GilgameshコミュニティはGilgameshチームによってどの機能を開発する必要があるかを決定します。こちらをご覧ください:https://vote.gilgameshplatform.com/

チーム

Mahdi Pedram
Mahdi Pedram
Founder & Software Architect
Atefe Mosayebi
Atefe Mosayebi
Software Engineer & Project Manager
Ali Rasekh
Ali Rasekh
Director of Operations & Security Manager
Mo Vahedi
Mo Vahedi
Product Manager & Solution Delivery Lead

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[