Gallactic - スマートチェーンアーキテクチャを介して構築できるものに制限がない

GALLACTIC Blockchain Projectは、ユーザーに力を与え、現在のブロックチェーン実装の限界を解決することに重点を置いています。 GALLACTICが提供する次世代のコンセンサス技術により、多くの自由があり、事実上無限のスケーラビリティと前例のない構成可能性を提供し、ブロックチェーンの起業家がアイデアを発揮し、分散アプリケーションの新しい標準を構築できるようにします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GTX
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-11-29
最高目標
100,000,000 USD
初回価格
0.2033 USD
トークン供給数
400,000,000
公式サイトへ Owner of Gallactic?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

GALLACTIC Blockchain Projectは、ユーザーに力を与え、現在のブロックチェーン実装の限界を解決することに重点を置いています。 GALLACTICが提供する次世代のコンセンサス技術により、多くの自由があり、事実上無限のスケーラビリティと前例のない構成可能性を提供し、ブロックチェーンの起業家がアイデアを発揮し、分散アプリケーションの新しい標準を構築できるようにします。

私たちは、GALLACTICが絶えず拡大し続ける圧倒的なニーズと未達成のニーズを抱えている世界的なシナリオに革命をもたらす最良の立場にあると信じています。 ここ数年でオンラインコミュニティとオープンソースコミュニティにまで拡大されている当初の約束に耐える堅牢でクラス最高のブロックチェーンを導入する必要があります。

チーム

Terry Wilkinson
Terry Wilkinson
Director Blockchain Solution
Hamid Rashid
Hamid Rashid
Founder
Satesh Khemlani
Satesh Khemlani
Managing Director

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である