FortFC - ユニークな暗号流動性取引所

暗号ブローカー、両替機、投資ファンド等々、機能的かつ透明性のあるAPI、FIX / REST接続、FOK(Fill-Or-Kill)またはIOC(Immediate-Or-Cancel)大量取引の場合 FortFCはまたさまざまな暗号交換、高速パフォーマンス、暗号通貨バスケット、および効果的なリスク管理ツールからの流動性の高い市場を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FFCT
開始日時
2018-11-12
終了日時
2019-07-31
最低目標
2,000,000 EUR
最高目標
25,000,000 EUR
初回価格
0.2266 USD
トークン供給数
231,000,000
公式サイトへ Owner of FortFC?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

FortFCはFFS国際ホールディングの一員として2010年に設立されました。当持ち株会社の核となる能力は金融業界向けIT製品の開発です。財務および暗号通貨市場、ITエンジニアリング、MetaTrader 5の管理を専門とするトップノッチの専門家チームが革新的な製品開発を行っております。

幅広く柔軟な独自サービスにより、FortFCは暗号通貨市場におけるグローバルな流動性プロバイダーの競争優位性を保証します。シンプルで機能的なAPI、取引プラットフォームへのFIXプロトコル接続、明瞭な条件、迅速かつ専門的なサポートサービス、高い流動性、量にかかわらなく最高品質の取引の実行、幅広い入出金方法の選択肢など、これらのメリットは全てのお客様から高く評価されています。

チーム すべてを見る

Roman Korotkov
Roman Korotkov
Marketing Manager
Anna Timokhova
Anna Timokhova
Graphic Designer
Ilya Potapov
Ilya Potapov
Graphic Designer
Artem Pozdnyakov
Artem Pozdnyakov
Senior Compliance Manager
Sergey Matalasov
Sergey Matalasov
Senior Financial Manager
Valentine Sysoev
Valentine Sysoev
Senior Support Manager

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )