Fluence - サーバーレス、許可なし、分散型

Fluenceは、暗号化された構造化データの保存、クエリ、管理、収益化を可能にし、ブロックチェーンテクノロジーの力でデータを保護します。 私たちの目標は、分散型インターネットアプリケーションの頼れるデータベースになることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
FLU
最高目標
22,500,000 USD
初回価格
0.6200 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Fluence?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 100-300%

概要

Fluenceは、従来のリモートデータベースとして機能し、データのクエリ、更新、または削除を許可します。 StorjやSiaなどのプロジェクトとの主な違いは次のとおりです。これらのプロジェクトは基本的に「分散Dropbox」ですが、Fluenceはファイルではなく構造化データ用に設計されています。 Fluenceは、アプリ開発者が共通のデータベースとして使用するAPIインターフェイスを開発しています。

従来のデータベースと比較して、Fluenceが提供するものは以下のようです:

  • 耐障害性と検閲抵抗。分散型の性質により、Fluenceは最大のアップタイムを保証し、データ規制の可能性はありません。すべてのデータをいつでもオンラインに保つために、データ複製のバランスが自動的に取られます。
  • プライバシー。データはチャンクに分割され、暗号化され、さまざまな手で制御されるさまざまなノードに保存されます。データ所有者が秘密鍵を公開するまで、ノード所有者がデータをスパイしたり盗んだりする方法はありません。
  • 低コスト。現在使用されていないストレージスペースを利用すると、海のような大容量が市場にもたらされ、ストレージの価格が下がります。 Fluenceは、ハードウェアの所有者に、ビットコインと同様にパワーを収益化する機会を提供します。
  • アクセス管理。Fluenceは、プロキシ再暗号化技術に基づいた柔軟な権限管理モデルを提供します。 HIPAA、GDPR、HITECH、PCI、およびその他の規制へのコンプライアンスを満たすことができます。

ストレージとトランザクションのコストは市場によって決定されます。

チーム

Evgeny Ponomarev
Evgeny Ponomarev
CEO
Dmitry Kurinskiy
Dmitry Kurinskiy
CTO
Alexander Demidko
Alexander Demidko
Technical Advisor
Michael Egorov
Michael Egorov
Advisor

人気STO/ICO記事

  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、