FESS Chain - 電子決済システムの将来

既存の電子決済システムの欠点に対処する最初の分散型プラットフォーム。 FESSは最先端の技術を応用して電子環境で取引するためのより早くより安全な方法を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FESS
終了日時
2019-06-05
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of FESS Chain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率6%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちはすべての電子決済の問題を解決する分散プラットフォームを作成しました。 運用上のブロックチェーン上にある既存のシステムは、膨大なネットワーク負荷に悩まされているため、厄介なほどに遅いとは別に、セキュリティ上の脅威に対して脆弱です。私たちの独自に設計されたブロックチェーンは、人工知能と他のそのような高度な認証方法を最大限に利用します。 それによって、世界中であらゆる量の安全な取引を促進することをあえてします。

チーム すべてを見る

Durga Prasad Tripathi
Durga Prasad Tripathi
Founder, Global CEO & Head of Blockchain Development
Praveen Kumar Sahani
Praveen Kumar Sahani
Co-Founder, COO
Mehtab Mehdi
Mehtab Mehdi
CTO & AI expert
Prashant K. Maurya
Prashant K. Maurya
Developer.
Shoaib Malik
Shoaib Malik
Head of Creative Operations
Abhishek Pandey
Abhishek Pandey
Chief of Marketing Operations

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本