FESS Chain - 電子決済システムの将来

既存の電子決済システムの欠点に対処する最初の分散型プラットフォーム。 FESSは最先端の技術を応用して電子環境で取引するためのより早くより安全な方法を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FESS
終了日時
2019-06-05
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of FESS Chain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率6%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちはすべての電子決済の問題を解決する分散プラットフォームを作成しました。 運用上のブロックチェーン上にある既存のシステムは、膨大なネットワーク負荷に悩まされているため、厄介なほどに遅いとは別に、セキュリティ上の脅威に対して脆弱です。私たちの独自に設計されたブロックチェーンは、人工知能と他のそのような高度な認証方法を最大限に利用します。 それによって、世界中であらゆる量の安全な取引を促進することをあえてします。

チーム すべてを見る

Durga Prasad Tripathi
Durga Prasad Tripathi
Founder, Global CEO & Head of Blockchain Development
Praveen Kumar Sahani
Praveen Kumar Sahani
Co-Founder, COO
Mehtab Mehdi
Mehtab Mehdi
CTO & AI expert
Prashant K. Maurya
Prashant K. Maurya
Developer.
Shoaib Malik
Shoaib Malik
Head of Creative Operations
Abhishek Pandey
Abhishek Pandey
Chief of Marketing Operations

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi