EZ365 - 革新的なデジタル資産エコシステム

EZ365は、オンラインゲーム、暗号通貨取引、ブロックチェーン教育の最高の側面を組み合わせたデジタルエコシステムです。 EZ365のエクスペリエンスはシンプルでユーザーフレンドリーで楽しい、デジタル資産で簡単にプレイ、取引、学習できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
EZ365
開始日時
2019-09-05
終了日時
2019-10-31
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
3,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
30,000,000
公式サイトへ Owner of EZ365?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率15%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーン技術とデジタル資産の出現は、経営を行う方法とトランザクションの管理方法を変えています。 EZ365は、ブロックチェーンテクノロジーの透明性と不変性を活用して、オンラインゲーム(iGaming)およびデジタル資産取引スペースのお客様にユニークなエクスペリエンスを提供し、これらの業界のビジネスに信頼できるテクノロジーソリューションを提供しています。 EZ365エコシステムは、ブロックチェーンベースのiGamingプラットフォーム、デジタル資産取引所、ブロックチェーン/デジタル資産教育プラットフォームの3つのコア要素で構成されています。 これらの製品向けに開発されたテクノロジーを活用することで、EZ365は、さまざまな業界の企業がデジタル資産を迅速かつ容易に法定(現金)に変換できるようにし、成功に必要な流動性を提供します。

チーム すべてを見る

Russell Korus
Russell Korus
Co-founder & CEO
Eddie Kotler
Eddie Kotler
Co-founder & President
Michael Caravetta
Michael Caravetta
Chief Technology & Information Security Officer
Jim Harris
Jim Harris
Chief Disruption Officer
P.B. Stanton
P.B. Stanton
Chief Legal Counsel
Genia Mikhalchenko
Genia Mikhalchenko
Strategic Advisor

人気STO/ICO記事

  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。