Era Swap Token - 時間取引ソーシャルコミュニティプラットフォーム

エコシステムの独自性により、ユーザーは時間をサービスとしてトークン化することができます。 ESTは、ピアツーピア取引と、学生がわずか1.00ドルの技術的な学位を取得できる特別な報酬システムを可能にします。 暗号取引や暗号投資計画に関連する当社のボットトレーディングサービスは、投資家にとってより良いリターンを提供することもできます。 この市場は、サードパーティの介入なしにリソースとサービスを結びつけます!

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
EST
開始日時
2018-07-20
終了日時
2018-12-31
最高目標
21,198 ETH
初回価格
1 EST = 0.00005804 ETH
トークン供給数
390,000,000
公式サイトへ Owner of Era Swap Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率42.85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Era Swapの旅は、Era Swapトークンとその生態系の形成の中核となるKmpardsチームの研究から始まりました。 チームは、現在のコミュニティには、雇用主からの手数料なしで直接賃金を支払うことができる、中規模の人がいない透明な生態系が必要であると判断しました。

この世界的なコミュニティのためのプラットフォームを確立するために、Era SwapトークンによってサポートされるEra Swap技術エコシステムを立ち上げるという考えを思いつきました。 私たちのユニークなトークンエコシステムは、時間をサービスとして定義し、暗号取引や暗号投資計画にボットサービスを提供します。 Era Swapエコシステムを開発する背後の第一の目的は、みんなに利益をもたらすことです。

このトークンは、決して買うことのできないスマートコントラクトを通じて、「仕事のための時間」のトークンになるように設計されています。

総トークンの5%は、クラウドセール期間中にのみ購入可能になります。 Era Swapトークンを確保する最後かつ最高のチャンスです。

チーム すべてを見る

Tarun Baur
Tarun Baur
CHIEF EXECUTIVE OFFICER
M. Murali Sundaram
M. Murali Sundaram
CHIEF INFORMATION OFFICER
Vikash Kumar
Vikash Kumar
CHIEF MARKETING OFFICER
Davendra Pathak
Davendra Pathak
CHIEF DISTRIBUTION OFFICER
Sasha Hodder
Sasha Hodder
LEGAL ATTORNEY
Alberto Daniel Hill
Alberto Daniel Hill
CHIEF SECURITY OFFICER

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。