Dreamr - 無制限で人々に夢を与える力

Dreamrは、ユーザーが自分の夢や願望を達成できるようにするためのモバイルアプリケーションを開発しています。 dreamrアプリは、ブロックチェーンを利用した金融ツールと、ユニークな夢志向のソーシャルネットワーキング機能を組み合わせたものです。 たとえば、P2Pサービス市場でのクラウドファンディング、スキルの収益化、または才能の採用などです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
DRMR
開始日時
2019-08-08
終了日時
2019-09-09
調達金額
$1,750,000
最低目標
175,000 USD
最高目標
1,750,000 USD
初回価格
0.2500 USD
トークン供給数
7,000,000
公式サイトへ Owner of Dreamr?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC1404
参加可能通貨ETH, BTC, USD
供給率16,7%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

dreamrプラットフォームは、ユーザーが宣言された夢のために結ぶ新しい接続のサポートネットワークを簡単に構築するためのポジティブスペースです。

自分の夢と信頼できる評判スコア(GDP)に基づいてネットワークを確立した後、ユーザーはクラウドファンディングキャンペーンを開始できます。ユーザーは、共有された夢の個人としても集団的なスーパーネットワークとしても、クラウドファンディングキャンペーンを始めることができます。さらに、ユーザーはピアツーピア市場でスキルやサービスを交換することができます。

デジタルセキュリティがDreamr、Inc.に出資しているDRMR DSは、プロファイルバッジ、市場での購買力の強化、クラウドファンディング、他のユーザーをサポートする際のプラスの影響などのプラットフォームのメリットをDRMRの保有者に提供します。

チーム すべてを見る

Christopher Adams
Christopher Adams
Co-Founder | Chief Executive Officer30 age
Ashish Bagrecha
Ashish Bagrecha
Co-founder | CTO & CMO
Adam Amar
Adam Amar
Co-Founder | VP Original Content
Angie Kelly
Angie Kelly
VP Operations & Culture
James Wilson
James Wilson
VP Information Security
Dennis Klein
Dennis Klein
Investor | Philanthropist | Real Estate Developer

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ