DIWのユニークなコンセプトは、IDドキュメンテーション、銀行とログインの詳細、ウィルスとヘルスケアの記録など、プライベートな機密データに関するグローバルなセキュリティの脆弱性を解決する計画です。 さらに、何千ものウェブサイトに容易に統合可能なすべての主要な法定および仮想通貨を受け入れるチェックアウトシステムを開発することにより、仮想通貨の使用を強化する予定です。さらに、完全に透明で信頼できるグローバルディレクトリを導入し、格付けシステムで組織や個人が同様に迅速かつ安全に、そして自信を持ってビジネスを行うことができるようにします。 DIWトークンは、DIWネットワーク全体での支払い方法として使われます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DIW
開始日時
2018-05-03
終了日時
2018-05-31
最高目標
28,000,000 USD
初回価格
8000 DIW = 1 ETH
トークン供給数
700,000,000
公式サイトへ Owner of DIW Token?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private whitelist participation - 5%

概要

DIWのプロジェクト開発の5つの段階:

セキュアデジタルボールト

DIWは、識別文書、パスワード、銀行口座およびクレジットカード情報、検証されたKYCまたはKYS関連の文書、意志などの機密情報を、高度に暗号化されたセキュアで非公開の分散プラットフォーム内に保存することができます。プラットフォームはまた、アカウント所有者がそれらの間でデータの一部または全部を安全に共有することを可能にします。

ペイメントゲートウェイ

DIWシングルログイン分散プラットフォームを使用して、ウェブサイトの所有者に主要な通貨、金銭または暗号で支払いを受け入れるための、根強く壊れにくく安全な媒体を提供します。 DIWのペイメントゲートウェイは、WordPressやJoomlaなどのオープンソースCMSを含む多くのeコマースのWebサイトに簡単に統合されたチェックアウトシステムとなります。

グローバルディレクトリ

DIWは個人または組織の口座保有者がサービスをリストし、リーチを広げることができるグローバルディレクトリを導入する予定です。ディレクトリには、アカウント保有者間の信頼と透明性を高めるスマートな評価システムがあります。

ペストエスクロー

DIWプラットフォームのもう一つの主な特徴は、当事者間の取引を保護するスマートコントラクトベースのエスクローサービスです。 DIWのエスクローサービスは、使用するのは簡単ですが、洗練されたスマートで、資金を解放する前にすべての取引条件が満たされていることを保証します。

ビジョン/電子健康記録

プロジェクト全体が、電子健康記録に関するセキュリティの重要な必要性を無視することは、省略されます。私たちのビジョンは、口座保有者と検証されたラボ、薬剤師、医師、または他のヘルスケア専門家との間で暗号化されたストレージと個人EHRの共有を可能にし、DIWネットワーク内に既に装備されているスマートコントラクト技術を利用するというオプションがあります。

チーム すべてを見る

Sydney Ifergan
Sydney Ifergan
Crypto Community Advisor
Dinos Pastos
Dinos Pastos
Blockchain & Security Specialist
Stelios Stylianou
Stelios Stylianou
Author | Pro-Trader
Artur Oganov
Artur Oganov
Entrepreneur & Financial Advisor
Stephanos Constantinou
Stephanos Constantinou
CEO & Co-Founder
Christopher Zenios
Christopher Zenios
COO, Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ