dClinic - ブロックチェーンによって強化された包括的なヘルスケアプラットフォーム

dClinicは、消費者およびケアチームのプロバイダーが世界のどこにいても、EHR(電子健康記録)へのアクセスを必要としていることを理解しているため、dClinicのプラットフォームにはブロックチェーンを使用しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DHC
開始日時
2018-08-31
終了日時
2018-12-31
最低目標
20,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
1 DHC = 0.10 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of dClinic?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

今日の診療所や医療施設の多くは、伝統的な1対1モデルの患者とプロバイダーとのやり取りに従っており、プロバイダー(臨床家)を患者のケアの中心に置いています。このモデルの問題点は、プロバイダーが他のヘルスケア提供者と相談し、患者の進捗状況をホリスティックな共有ケアプラン(縦方向EHR)の一部として追跡することを常に容易にするとは限らないことです。このモデルは隆起し、データサイロを作成します。 dClinicsとブロックチェーンは、これらのサイロを分解し、消費者のヘルスケアの旅をリアルタイムで表示することを目指しています。

dClinicの専門家は、プロバイダー、政府、医療機関と長年協力した後、1対1の相互作用とデータサイロの伝統的な障壁を解消するために、より先進的なブロックチェーンを実現する医療プラットフォームを実装する必要があることを認識しています。

dClinicプラットフォームは、患者がケアの中心にあるShared Careモデルを提供します。ケアは、提供者、臨床家、専門家、組織、さらには家族の介護チームメンバーによって提供されます。dClinicは患者をケアの中心に置き、しばしば介護へのアクセスを制限するレンガの壁を突き抜けます。 dClinicはまた、消費者がターゲットとするSurvey and Wearablesを通じて自分のShared Care Plansに貢献することを可能にします。

dClinicは、ブロックチェーンを使用して、消費者のケアプランへの参加と遵守を支援し、報酬を与えます。

チーム すべてを見る

Manoj Deb (BE)
Manoj Deb (BE)
Alfredo Campana (BA)
Alfredo Campana (BA)
Rishu Gupta
Rishu Gupta
Legal Counsel
Jeff Parker FCHSM, GACID
Jeff Parker FCHSM, GACID
Dr. Ni Komang Yeni Dhana Sari
Dr. Ni Komang Yeni Dhana Sari
Dr.Triatmo Budi YuwonoSpJP
Dr.Triatmo Budi YuwonoSpJP

人気STO/ICO記事

  • Bithumbトークンの被害者らが関係者20名を刑事訴訟か・・ICOから-99%下落

    韓国の仮想通貨取引所Bithumbの買収を進めていた「BXAコンソーシアム(法人名 BTHMB)」が資金不足を理由に、残金が払えない状態になり買収のプロセスで発行された「BXAトークン」が問題になっている。15日、韓国の関連業界関係者によると、BXA投資家は「被害者の会」を組織し被害事例などの情報収集を行っているという。Bithumbトークンと呼ばれていたBXAトークンは日本でもツイッターなどを通じ、販売されていた。しかし、Bithumb Globalは11月12日るBithumb Chainにおけるネイティブトークン「BT」を新しく発表している。韓国のBXAトークン投資家たちは「BTHMB」
  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • 取引所診断ツール11月版アップデートについて(Liquidの手数料変更対応)

    今年の8月30日にリリースしまし「ぴったり仮想通貨取引所診断」が11月を迎えて新しくアップデートされましたのでお知らせします。アップデートの理由はLiquidの取引手数料の政策の変更によるものです。以前、Liquidの取引手数料はすべて無料でしたが現在、0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)などの条件で手数料が変更がありました。頻繁に取引するトレーダーの中でテイカーでの取引を好む方々にはテイカー取引手数料が無料だったLiquidをオススメしていましたが、今回の手数料変更によりテイカー取引の国内最低手数料はGMOコインになりましたので反映させていただきました。また、