dClinic - ブロックチェーンによって強化された包括的なヘルスケアプラットフォーム

dClinicは、消費者およびケアチームのプロバイダーが世界のどこにいても、EHR(電子健康記録)へのアクセスを必要としていることを理解しているため、dClinicのプラットフォームにはブロックチェーンを使用しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DHC
開始日時
2018-08-31
終了日時
2018-12-31
最低目標
20,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
1 DHC = 0.10 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of dClinic?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率20%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

今日の診療所や医療施設の多くは、伝統的な1対1モデルの患者とプロバイダーとのやり取りに従っており、プロバイダー(臨床家)を患者のケアの中心に置いています。このモデルの問題点は、プロバイダーが他のヘルスケア提供者と相談し、患者の進捗状況をホリスティックな共有ケアプラン(縦方向EHR)の一部として追跡することを常に容易にするとは限らないことです。このモデルは隆起し、データサイロを作成します。 dClinicsとブロックチェーンは、これらのサイロを分解し、消費者のヘルスケアの旅をリアルタイムで表示することを目指しています。

dClinicの専門家は、プロバイダー、政府、医療機関と長年協力した後、1対1の相互作用とデータサイロの伝統的な障壁を解消するために、より先進的なブロックチェーンを実現する医療プラットフォームを実装する必要があることを認識しています。

dClinicプラットフォームは、患者がケアの中心にあるShared Careモデルを提供します。ケアは、提供者、臨床家、専門家、組織、さらには家族の介護チームメンバーによって提供されます。dClinicは患者をケアの中心に置き、しばしば介護へのアクセスを制限するレンガの壁を突き抜けます。 dClinicはまた、消費者がターゲットとするSurvey and Wearablesを通じて自分のShared Care Plansに貢献することを可能にします。

dClinicは、ブロックチェーンを使用して、消費者のケアプランへの参加と遵守を支援し、報酬を与えます。

チーム すべてを見る

Manoj Deb (BE)
Manoj Deb (BE)
Alfredo Campana (BA)
Alfredo Campana (BA)
Rishu Gupta
Rishu Gupta
Legal Counsel
Jeff Parker FCHSM, GACID
Jeff Parker FCHSM, GACID
Dr. Ni Komang Yeni Dhana Sari
Dr. Ni Komang Yeni Dhana Sari
Dr.Triatmo Budi YuwonoSpJP
Dr.Triatmo Budi YuwonoSpJP

人気STO/ICO記事

  • ふるさと納税でビットコインを無料でゲットしよう!

    ビットコインが欲しいけど、相場変動が激しく絶対に溶かしてしまう気がするから買うのはやめよう!という方に朗報です。Coinpoinを通じ、ふるさと納税を行うと商品を買うことでビットコインが無料で手に入ります!ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附(商品の購入)をすることで、所得税や住民税の還付・控除が受けられる制度のことです。多くの自治体では地域経済活性化のために、色々な商品を用意しています!ふるさと納税に関するより詳しい情報・寄附可能額を調べるには以下の順番でお進みください。「でビットコインを貯める」→「詳細内容確認」→「商品購入」この順番でアクセスし、商品を購入することで記録(ログ)が残
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ