Dapp.com - 世界最大のDappストアで分散型アプリケーションを発見、使用、分析する

Dapp.comは、すべてのdappを簡単に発見、分析、および使用できるようにする、分散型アプリ向けの分析主導型のApp Storeです。分散アプリケーションの将来への統一的な入り口として、Dapp.comはさまざまな機能と製品を通じて分散アプリケーションの成長を促進します。ブロックチェーンでのトランザクションアクティビティとユーザーアクションに関するデータを収集し、カスタムアルゴリズムを適用することで、Dapp.comは市場のすべてのdappの信頼できる分析を提供します。 Dapp Storeウォレットおよび分散型マルチブロックチェーンIDネットワーク(MIN)を使用すると、ユーザーはアカウント設定を繰り返したり、別々のブロックチェーンをウォレットでインストールしなくても、すべてのブロックチェーンからdappsにアクセスできます。クロスチェーンのdapp SDKは、ビジネスニーズに基づいてdappの拡張とさまざまなブロックチェーンへの移行を可能にすることで、dappの開発を促進します。分散化技術は私たちの住む世界を変える無限の可能性を提供し、Dapp.comはこれらの可能性を現実に変えます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
DAPPT Token/DAPPT
開始日時
2019-05-01
終了日時
2019-05-31
最高目標
3,000,000 USD
初回価格
0.0044 USD
トークン供給数
750,000,000
公式サイトへ Owner of Dapp.com?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, USD
供給率15%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Presale - 10%

概要

Dapp.comは、ユーザーがすべての分散型アプリを何の妨げもなしに発見し、使用できるようにするデータ駆動型のブロックチェーンアプリケーションエコシステムを構築しています。分散型マルチチェーンアイデンティティネットワーク(MIN)とDapp Storeを使用すると、ユーザーはdappを使用するためにウォレットをインストールしたり、デジタル資産を保有する必要がありません。ブロックチェーン上でのユーザーの行動や取引活動に関するデータを収集し、カスタムアルゴリズムを適用することによって、ユーザーにdapp市場への信頼できる洞察を提供します。

Dapp.comのビジョンは、次のコア製品とツールを開発することによって実現されます。

Dapp Storeウォレット

Dapp.com Store Walletは、障壁を取り除くことでユーザーを分散型の世界に導くツールです。これにより、ユーザーはツールをインストールしなくても任意のdappを使用できます。さまざまなブロックチェーンのウォレットアカウントは、すべてのユーザーのマスターDapp.comアカウントによって設定および管理されます。ユーザーはすべてのdappをすぐに使い始めるために必要なのは、Dapp Store Walletにトークンを転送することだけです。Dapp Store Walletは、近い将来、オンチェーントークン交換およびクロスチェーントークン交換もサポートする予定です。当社のデスクトップおよびモバイル製品により、ユーザーはいつでもどこでもdappを使用できます。 Dapp Store Walletも非常に開発者に優しいです。 Dapp Store Walletをサポートするには、1行のコードだけを置き換える必要があります。また、既存のすべてのウォレットと互換性があります。

マルチブロックチェーンIDネットワーク(MIN)

Dapp.comは、分散化された世界への入り口になることを約束します。マルチチェーンアイデンティティネットワークは、ワンクリックで複数のブロックチェーンからウォレットを作成および管理することによって、誰もがdappを使用する際の障壁を取り除くうえで重要な役割を果たします。

BIP39プロトコルを使用して、秘密鍵の生成、ウォレットの作成、および蛇口の機能を1つのボタンに統合することで、単一セットのニーモニック句をさまざまなウォレットのさまざまな秘密鍵にマッピングできます。ユーザーは、単一のアカウントを使用して、コストをかけずに複数のカスタマイズされたウォレットアカウントを管理できます。ユーザーのための分散型アプリへの無料で即時のアクセスを生み出します。

マーケットインテリジェンス

毎日、当社のデータセンターは7つのブロックチェーンからの膨大な量のデータを同時にリアルタイムで処理し、その結果をユーザーに報告しています。Dapp.comは、暗号化の世界を多面的に視覚化するために、全市場の完全な分析を提供します。

Dapp Analytics

当社のDapp Analyticsツールは、顧客の行動や他の場所では見られない傾向など、独自のデータ洞察を提供することによって、開発者が分散型アプリケーションのパフォーマンスを理解し、測定することを可能にします。開発者は、ブロックチェーン全体の領域からdappデータを利用して、ユーザーの獲得、アクティベーション、および保存について理解することができます。これらの機能は、技術的な統合なしにDapp.com開発者アカウントに関連付けられます。

クロスチェーンDapp SDK

現在、開発者が異なるブロックチェーンでdappを構築したい場合は、それぞれに異なるツールキットを習得して使用する必要があります。通常、計画段階から、開発者は1つのブロックチェーンを選択する必要があります。これは、将来のアプリのスケーラビリティに大きな制限を課します。私たちはこれを変えます。

ビジネスニーズに基づいて、開発者がデプロイされたdappを複数のブロックチェーンに拡張したり、Dapp.comがサポートする特定のブロックチェーンに移行したりすることを容易にします。

Cross-Chain Dapp SDKは、クロスブロックチェーンの開発を可能にするマルチブロックチェーン開発ツールキットです。私たちはあらゆる種類のブラウザでdappのアクセシビリティを可能にするツールを提供します。すでに構築されているdappの場合、開発者は元のビジネスロジックコードを変更することなくSDKを統合できます。ウォレットアカウントシステムは、AES対称暗号化アルゴリズムを使用して、アカウント情報のプライバシーとセキュリティを確保します。支払い管理機能は、開発者が支払いのためにトークン契約をカスタマイズすることを可能にし、開発者が彼らのdappsで任意のトークンを使用することを容易にする特定のAPIを提供します。

同時に、市場のニーズに応じたクロスチェーンの資産展開と交換の機会を評価し、Dapp.comがCosmos SDKを利用してこの需要を満たすかどうかを検討します。

チーム すべてを見る

Kyle Lu
Kyle Lu
Founder and CEO
Eric Jiang
Eric Jiang
Co-Founder and CTO
Jun Gong
Jun Gong
Co-Founder
Haoda Wang
Haoda Wang
Lead Developer
Wladislav Glad
Wladislav Glad
Design Director
Junye Yang
Junye Yang
Back-end Developer

人気STO/ICO記事

  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • 【FXとは?】特徴、仕組みなどを分かりやすく説明!

    FX(外国為替証拠金取引)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引のことです。利益を得られる方法は大きく2つあります。1. 「価格変動」による為替差益2. 「スワップ」による金利差益ん。。まだ、見ても分からないと思いますが、詳しくは後ほど説明しますのでまずはFX取引には2つの方法で利益が得られることを頭に入れておきましょう。二つの方法で利益が得られるが、二つを同時に狙うことはとても難しいためベテランのトレーダーでも一般的には「価格変動」による為替差益を中心にトレードします。FX取引の最大の収益は、価格変動による為替差益から得ることができます。ビットコイン、金、株式など全ての投資と同様に安く買っ
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場