Cryptoprofile - ブロックチェーン革命を促進する

CryptoProfileはICOプロジェクトのための統合されたエアドロッププラットフォームを作成することに焦点を合わせる最初のプラットフォームの1つです。 このプラットフォームはCryptoProfileのネイティブトークン(CPと呼ばれる)を保有する広範な投資家ネットワークからマーケティング上の露出を得、上場したICOプロジェクトと利害関係者の長期的な利益を自然に揃えます。CP保有者は、統合された空中投下メカニズムを通じて、エコシステム内のICOプロジェクトのマーケティングエクスポージャーも高めるために金銭的に奨励されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CP
開始日時
2019-01-01
終了日時
2019-02-28
最低目標
1,162,556 USD
最高目標
30,463,808 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
591,474,747
公式サイトへ Owner of Cryptoprofile?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率78%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Cryptoprofileはコミュニティ中心のトークンです

バウンティハンターはこれまで、コミュニティの数を増やすためだけに役立ち、ICOプロジェクトにあまり貢献していないと考えられていました。 CryptoProfileは、彼らが最大限の可能性を持ってプロジェクトに貢献するような方法でバウンティハンターを巻き込むための戦略的計画を打ち出しました。

  • バウンティハンターはコミュニティとして登録し、必要な仕事をしている限り無料のCPトークンを受け取ります。
  • バウンティハンターはCPトークンを保持するインセンティブを得るだけでなく、他のICOプロジェクトのトークンのエアドロップも受け取ります。
  • CPによって処理されるICOプロジェクトに投資したい場合、CPトークンを所有するバウンティハンターはより多くの割引を受けます。

CP ICOプロジェクトに参加している作家には、次のような利点があります。

  • 作家はCPトークンも受け取ります。
  • 作家はCPトークンを保有するためのインセンティブを得、また他のICOプロジェクトのトークンのエアドロップを受け取ることになります。
  • CPトークンを保有する作家は、CPが扱うICOプロジェクトに投資したい場合、より多くの割引があります。

チーム すべてを見る

Ng Cheng Leong (Max Ng)
Ng Cheng Leong (Max Ng)
Managing Director, Co-founder37 age
Jaclyn Lim
Jaclyn Lim
Deputy Managing Director, Co-founder38 age
Charles Ram
Charles Ram
Sales & Marketing Director, Co-founder
Lew Wen Yong
Lew Wen Yong
Chief Technical Officer, Co-founder34 age
Kelvin Lew
Kelvin Lew
Digital Marketing Director, Co-founder
Andrew Se
Andrew Se
Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・ 
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗