Cryptoprofile - ブロックチェーン革命を促進する

CryptoProfileはICOプロジェクトのための統合されたエアドロッププラットフォームを作成することに焦点を合わせる最初のプラットフォームの1つです。 このプラットフォームはCryptoProfileのネイティブトークン(CPと呼ばれる)を保有する広範な投資家ネットワークからマーケティング上の露出を得、上場したICOプロジェクトと利害関係者の長期的な利益を自然に揃えます。CP保有者は、統合された空中投下メカニズムを通じて、エコシステム内のICOプロジェクトのマーケティングエクスポージャーも高めるために金銭的に奨励されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CP
開始日時
2019-01-01
終了日時
2019-02-28
最低目標
1,162,556 USD
最高目標
30,463,808 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
591,474,747
公式サイトへ Owner of Cryptoprofile?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率78%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Cryptoprofileはコミュニティ中心のトークンです

バウンティハンターはこれまで、コミュニティの数を増やすためだけに役立ち、ICOプロジェクトにあまり貢献していないと考えられていました。 CryptoProfileは、彼らが最大限の可能性を持ってプロジェクトに貢献するような方法でバウンティハンターを巻き込むための戦略的計画を打ち出しました。

  • バウンティハンターはコミュニティとして登録し、必要な仕事をしている限り無料のCPトークンを受け取ります。
  • バウンティハンターはCPトークンを保持するインセンティブを得るだけでなく、他のICOプロジェクトのトークンのエアドロップも受け取ります。
  • CPによって処理されるICOプロジェクトに投資したい場合、CPトークンを所有するバウンティハンターはより多くの割引を受けます。

CP ICOプロジェクトに参加している作家には、次のような利点があります。

  • 作家はCPトークンも受け取ります。
  • 作家はCPトークンを保有するためのインセンティブを得、また他のICOプロジェクトのトークンのエアドロップを受け取ることになります。
  • CPトークンを保有する作家は、CPが扱うICOプロジェクトに投資したい場合、より多くの割引があります。

チーム すべてを見る

Ng Cheng Leong (Max Ng)
Ng Cheng Leong (Max Ng)
Managing Director, Co-founder37 age
Jaclyn Lim
Jaclyn Lim
Deputy Managing Director, Co-founder38 age
Charles Ram
Charles Ram
Sales & Marketing Director, Co-founder
Lew Wen Yong
Lew Wen Yong
Chief Technical Officer, Co-founder34 age
Kelvin Lew
Kelvin Lew
Digital Marketing Director, Co-founder
Andrew Se
Andrew Se
Co-Founder

人気STO/ICO記事

  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い