Cryptonia Poker - 仮想通貨でオンラインでポーカーをプレイする

Cryptonia Poker は、ブロックチェイン技術に基づいたオンラインポーカールームで、暗号の透明性と価値を備えたポーカーのスリルをもたらします。 独自のポーカー仮想通貨であるCryptoniaを使用して、柔軟にオンラインでポーカーをプレイすることができます。Cryptonia Pokerのオンラインポーカールームには、世界中でアクセスできます。 あなたはどこでもポーカールームに参加することができますし、あなたのトークンで遊んで、ゲームの公正さとあなたの資金の透明性と安全性を確認しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CPC
開始日時
2018-04-10
終了日時
2018-04-30
最高目標
750,000,000 CPC
初回価格
1 ETH = 7,000 CPC
トークン供給数
750,000,000
公式サイトへ Owner of Cryptonia Poker?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

特徴

アクセシビリティ

あなたは Cryptonia を購入し、世界中のどこからでもオンラインでプレーできます。

透明性

私たちのソフトウェアは、ランダムシャッフリングが乱数を生成することを保証します。

プライバシー

プレーヤーの匿名性と安全性はプログラムによって維持されます。

利点

Cryptonia の購入者は、プロモーションやイベントを通じて合計トークンの 15% を受け取ることができます。

フェアプレー

Cryptonia の Fairplay システムは、プラットフォーム上で行われる不正行為を排除します。

チーム

Ziaul Hoque
Ziaul Hoque
Community Manager
Opeyemi Francis Oni
Opeyemi Francis Oni
Smart Contract Developer
Sharad Kant
Sharad Kant
Interface & Product Designer
Lakshay Anand
Lakshay Anand
UX/UI Developer
Alexandr Palamarchuk
Alexandr Palamarchuk
Bounty Team Lead

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、