CryptoCopy - 成功した暗号投資家をコピーする

CryptoCopyは成功した仮想通貨トレーダーの投資を追跡してコピーできるプラットフォームです。 多くの投資家が仮想通貨に毎日投資して利益を得ています。 彼らは仮想通貨を購入したり、取引したりするいいタイミングを知っている専門的で熟練した投資家です。 今、Crypto Copyプラットフォームでは経験豊富な投資家とおなじように稼ぐ可能性があります。 Crypto Copyを使用すると、利益を得られると思うすべての仮想通貨投資家をコピーできます。 仮想通貨や取引についての知識は必要ありません。Crypto Copyでは、最も成功したトレーダーだけを見て、コピーすることができます。 すべては自動的に行います。コピーする投資家を選択するだけで済みます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
COPY
開始日時
2017-11-11
終了日時
2017-12-25
最低目標
50,000 USD
トークン供給数
900,000
公式サイトへ Owner of CryptoCopy?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Tracking everythingCryptoCopy is tracking everything: investors, smart contracts, tokens and transactions. There will be no transaction done, no ICO announced that will not be in CryptoCopy database. Successful investors don't need to be register on CryptoCopy platform, they just need to be successful in managing tokens at their accounts and we will have them in our database, track every single change on their accounts and provide to other investors possibility to copy every single action automatically. Tracking investors, tokens and ICOsCopyCryptoCopy users will be able to find out best investors in token world and by few clicks set up automatically copying. Each action that perform copied investor will trigger action to user who does copy with proportional amount: buying/selling tokens from/to ethers and participating in ICOs.Social tradingRegistered users will be able to follow other users or anonymous ethereum accounts, get notified for each action they performed and interact with them. By registering, users can copy others or to be copied by other users. At the end of each quarter, most successful users will receive 10% of CryptoCopy profit, each one proportionally.Badge systemHaving tracked all those anonymous ethereum accounts there comes question how to differ one from each other and make user easy to decide what to follow and copy. We have defined a lot of badges which will be automatically assigned to best investors, tokens and ICOs. User will be able to make filters based on those badges and copy for example all top100 investors at once. Having that possibility users can have diversified portfolio with a minimum risk. ICO trendingBy tracking every single ICO on one side and tracking successful investors on the other side, CryptoCopy can build better picture about how much popular is particular ICO giving answer on question if you should invest there too. This approach is much more accurate than just pure hype measuring because it is based on already successful investor which have already made a huge profit on ICOs. They can better know which ICO is next big thing.Investment signalsBy tracking top100 investors on CryptoCopy we are able to recognize powerful signals that can be good indicators for investing in some ICO or some crypto currency that is already at the market. Registered users will be able to follow particular accounts and get notified if that account is participating in some ICO or if that account has increased amount of some token.

チーム すべてを見る

Igor Manjencic
Igor Manjencic
Founder and CEO
Jelena Stankov
Jelena Stankov
Co-Founder and Developer
Marius Mazoschek
Marius Mazoschek
Product Manager
Patrick Mühlschlegel
Patrick Mühlschlegel
Software Architect
André Wörner
André Wörner
Android/iOS Developer
Pawel Oleksy
Pawel Oleksy
Software Developer

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本