Crypto APIs - 暗号またはブロックチェーンプロジェクトのバックボーン

Crypto APIは、10億ドル規模のブロックチェーン業界のあらゆるプロジェクトのバックボーンです。 私たちの使命は、コミュニティにアイデアをより早くより安く構築する機会を与えることによって、暗号&ブロックチェーンの採用を支援することです。 開発者に優しいインフラストラクチャと、大きな問題を解決する素晴らしい製品を開発するためのスケーラブルなツールを構築します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Crypto APIs Token
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Crypto APIs?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH, XRP, ADA, BTH, EOS, USDT, BNB
供給率25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーン会社と暗号会社に数十億の価値があり、それらを使用するための簡単で統一された方法がないと想像してください。 Crypto APIがブロックチェーンとCryptoアプリケーションを構築するために必要な唯一のAPIであるため、これはもはや当てはまりません。    Crypto APIは、開発者がユーザーにとって簡単でアクセスしやすいエクスペリエンスを作成するために必要なツールを提供します。 ライブおよび履歴データ用のREST API、Webフック、およびWebソケットは、何百人もの開発者がプロジェクトをうまく管理するのに役立ちます。    Crypto APIは、10億ドル規模のブロックチェーン業界のあらゆるプロジェクトのバックボーンです。 私たちの使命は、コミュニティにアイデアをより早くより安く構築する機会を与えることによって、暗号&ブロックチェーンの採用を支援することです。 開発者に優しいインフラストラクチャと、大きな問題を解決する素晴らしい製品を開発するためのスケーラブルなツールを構築します。

チーム すべてを見る

Nashwan Khatib
Nashwan Khatib
CEO
Viktor Petrov
Viktor Petrov
COO
Ognian Marinov
Ognian Marinov
CTO
Vehbi Malkoch
Vehbi Malkoch
Head of Blockchain Engineers
Malin Ivanov
Malin Ivanov
Head of Software Engineers
Dragomir Angelkov
Dragomir Angelkov
Head of DevOps

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他