Crypto APIs - 暗号またはブロックチェーンプロジェクトのバックボーン

Crypto APIは、10億ドル規模のブロックチェーン業界のあらゆるプロジェクトのバックボーンです。 私たちの使命は、コミュニティにアイデアをより早くより安く構築する機会を与えることによって、暗号&ブロックチェーンの採用を支援することです。 開発者に優しいインフラストラクチャと、大きな問題を解決する素晴らしい製品を開発するためのスケーラブルなツールを構築します。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Crypto APIs Token
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of Crypto APIs?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, BCH, XRP, ADA, BTH, EOS, USDT, BNB
供給率25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ブロックチェーン会社と暗号会社に数十億の価値があり、それらを使用するための簡単で統一された方法がないと想像してください。 Crypto APIがブロックチェーンとCryptoアプリケーションを構築するために必要な唯一のAPIであるため、これはもはや当てはまりません。    Crypto APIは、開発者がユーザーにとって簡単でアクセスしやすいエクスペリエンスを作成するために必要なツールを提供します。 ライブおよび履歴データ用のREST API、Webフック、およびWebソケットは、何百人もの開発者がプロジェクトをうまく管理するのに役立ちます。    Crypto APIは、10億ドル規模のブロックチェーン業界のあらゆるプロジェクトのバックボーンです。 私たちの使命は、コミュニティにアイデアをより早くより安く構築する機会を与えることによって、暗号&ブロックチェーンの採用を支援することです。 開発者に優しいインフラストラクチャと、大きな問題を解決する素晴らしい製品を開発するためのスケーラブルなツールを構築します。

チーム すべてを見る

Nashwan Khatib
Nashwan Khatib
CEO
Viktor Petrov
Viktor Petrov
COO
Ognian Marinov
Ognian Marinov
CTO
Vehbi Malkoch
Vehbi Malkoch
Head of Blockchain Engineers
Malin Ivanov
Malin Ivanov
Head of Software Engineers
Dragomir Angelkov
Dragomir Angelkov
Head of DevOps

人気STO/ICO記事

  • 【DMM Bitcoinとは】キャンペーン中に口座開設して1000円GETしよう!

    「ビットコイン」を含め、7種類もの仮想通貨取引が可能!14通貨ペアのレバレッジ取引が可能です!取引に必要な機能が集約されているのは勿論、レイアウトもオリジナル仕様にカスタムすることができます。何より、チャート機能の充実がトレーダー上級者に選ばれる所以でしょう。仮想通貨取引所では珍しい両建てでの取引が可能。レバレッジ取引では取扱いアルトコインの空売りが可能なことに加え、8つの注文方式を提供しています。[[DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。ビットコインを含めた7種類の通貨(ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC)に対応していますのは大きな魅力と言える
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし