CPUcoin - DAppに欠けているDServiceプラットフォーム

CPUcoinは、今までに類を見ないコンテンツ生成ネットワーク(CGN)を開発しています。 ユニークで柔軟性がありスケーラブルなサービスとしてのインフラストラクチャは、B-to-Bのニーズに焦点を合わせています。消費者と企業クラスの両方のDApp(分散型アプリケーション)に電力を供給する配信サービスのための分散型システムです。 CGNは汎用エコシステムであり、DAppによって世界中で消費される膨大な量のコンテンツを生成して配信するために必要な特殊な作業を実行するため、リアルタイムでの要求処理に対する要求を満たすサービスを提供することに優れた独自のアーキテクチャを採用しています。 CGNエコシステムは、CPUcoinと呼ばれる新しいユーティリティートークンでのみ機能します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CPU
開始日時
2019-08-14
終了日時
2019-08-16
最低目標
100,000 USD
最高目標
75,000,000 USD
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of CPUcoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率72%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

弊社は、最先端のサービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)ソリューションを構築しています

コンテンツ生成ネットワークは、新しいサービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)商品です。サーバー、モバイル機器、PCのアイドル時間を利用させていただくため、お客様(誰でも)にお支払い致します。

弊社ではこれらの未使用リソースを集め、可用性の高いコンピュートリソースの膨大で高度にスケーラブルな信頼性の高いエッジ対応のCDNと互換性のある堅牢なネットワークに再構成します。

次に、このインフラストラクチャを分散型サービス配信インフラの形で、クラウドベースアプリケーションのオペレータにリースします。オペレータは、この強力で便利な信頼性の高いシステムを使用して、かなり低いコストで大きな規模のサービスを行うことができます。

CPUcoinと呼ばれる新しいユーティリティートークンによって、どのお客様も利用時払いが可能になります。

コンテンツ生成ネットワークの紹介

増え続けている世界中の未使用のコンピュートリソースを活用し、可用性の高いコンピュートリソースの膨大で高度にスケーラブルな信頼性の高いエッジ対応のCDNと互換性のある堅牢なネットワークに再構成する最新のサービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)ソリューションです。

  • エッジ接続性のある柔軟でスケーラブルな利用時支払い方式の分散サーバーインフラ
  • 企業に、エンタープライズグレードのサービスを確実に行うシステムを提供する
  • 幅広いアプリケーションやサービスをエンドユーザーに届ける
  • 新しいユーティリティートークンで動作し、ブロックチェーンでサポート
  • 膨大な量のアイドル状態のCPUパワーを回収して活用することで、新しいエコシステムが生まれました。

共有経済の創造

CGNを独自のものにするのは、世界中で利用可能な膨大な量の未使用CPUパワーを活用するその設計であり、CPUリソースの新しい共有経済を可能にします。

CPUcoinと呼ばれる新しいユーティリティートークンによって、どのお客様も利用時払いが可能になります。CGN固有の通貨として、すべてのサービス消費に対する支払いと、コンピュータがアイドル時間の多くのプロバイダへの支払いに使用されます。

これにより、企業の規模に関わらず、アップフロントのインフラコストなしでスケーラブルなクライアント/サーバアプリを作る条件が平等になります。

CPUcoinは、CPUcoinの価値が上がるときにサービスの価格が上昇しないように、CPUcoinの価格変動からユーザーを切り離します。

CPUcoin.ioは、サービスの価格を不換通貨で設定し、システムのユーザーの代わりに不換通貨とCPUcoinを積極的に変換することでこれを行います。

サービスの導入を保証

  • 確実に導入するため、CPUcoinはEquilibriumとのクロスライセンス契約を通じてエコシステムを開始します。
  • Equilibriumは、歴戦のMediaGen画像処理サービスを、最初のDServiceとして動作するように移植します。
  • これにより、リリース時にコンテンツコンプライアンスクラウドのエンタープライズユーザーをCGN に移行します。
  • CPUcoinは、CGNで動作するため増え続けるアプリケーションを移植する計画を通じて、エコシステムの継続的な導入と成長を促進するために努力しつつ、サービスに初期の主要ユーザーを提供します。

チーム すべてを見る

Sean Barger
Sean Barger
Founder & CEO
David Jennings
David Jennings
CTO
Matt Butler
Matt Butler
VP Engineering
Brian Rice
Brian Rice
Lead Databases and DApps
Oliver Jensen
Oliver Jensen
Strategy & Project Management
Michael Terpin
Michael Terpin
Advisory Board Member

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴まとめ!メリット・口コミ

    [✅【最短】クイック本人確認で最短で即日取引が可能仮想通貨取引をする為には、KYC(本人確認)が必ず必要です。多くの他取引所では「はがき受取で本人確認」を行うため、取引までは約1週間ほどの時間がかかります。しかし、bitFlyerではスマホで本人確認手続きが完結するので最短で、即日取引が可能です。(はがき受取も可)✅【便利】初心者でも使いやすいシンプルな画面で、初心者でも簡単に操作できる販売所形式を採用しており、銘柄を選択し数量を入れるだけで売買が成立します。販売所の手数料は無料となっているが、スプレッドで見えない手数料がとられるため、頻繁に取引をする投資家は注意が必要!✅【信頼】信頼性の高い
  • 株式投資型クラウドファンディング・FUNDINNOについて

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ