XCon - ビジネスを簡素化するためのプラットフォーム

Connect coin(XCON)は、世界規模での支払いと送金の手段を簡素化することによって「世界をつなぐ」イーサリアムベースのコイン(ERC20)の設計です。 このシステムはCONNECT PAYとして知られています。 Connect coinは、グローバルマーケットのバイヤーとセラーをConnectマーケットプレイスとして知られる商品とサービスに結び付け、売り手は自分の商品とサービスを宣伝することができ、買い手はConnect coinを使用して簡単に商品を見たり、購入したりできます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XCON
開始日時
2018-10-25
終了日時
2019-03-20
最高目標
9,017,400 USD
トークン供給数
53,200,000
公式サイトへ Owner of XCon?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率76%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Cryptocurrency International Tanzania limited(CITL)は、タンザニア連合共和国で設立された非公開有限責任会社です。 CITLは、タンザニアで最初に金融技術分野で商品を提供する企業です。この目的のために、CITLは、分散型コネクトコイン(XCON)を創出するために、グローバル通貨決済システムの変革と、暗号通貨およびブロックチェーン技術による通貨の振替、ならびに世界の金融市場における通貨の変動性の活用に尽力しています。    私たちのトークンは、世界規模での支払いと送金を容易にするように設計されています。 XCONは、CITL交換プラットフォーム、CITLマーチャントプラットフォーム、コネクトマーケットプレイスプラットフォーム、CITLトレーニングアカデミー、コネクトカードでサービスを提供し、さらに中小規模の投資家に投資機会を提供する独自のエコシステムに展開されます。    CITLは、暗号通貨取引の円滑な運営を促進し、Connect Coin(XCON)を作成し、それを他のさまざまなプラットフォームの支払い手段として使用されるユーティリティコインにすることを目的としています。グローバルに、私たちのプラットフォームは、人々があらゆる公共施設の代金を払い、あらゆる種類の店舗、切符売り場、映画館、レストラン、ヘルスセンター、宗教的な供物などから様々な物を購入するために使うことができる。オンラインストアや消費者が製造業者から直接購入することを可能にする最初で最高のeコマースプラットフォームになること。これは基本的に、一括価格設定、リアルタイム物流、電子商取引および暗号通貨の革新とともに、分散元帳テクノロジ(ブロックチェーン)の力を活用する次世代の分散型電子商取引プラットフォームです。

チーム すべてを見る

George Lucas
George Lucas
CEO & Founder
Jimmy James
Jimmy James
CTO & Founder
Chriss Shayo
Chriss Shayo
CFO (Finance)
Emmanuel Reuben
Emmanuel Reuben
IT Developer
Renee Krom
Renee Krom
Software Developer
Deogratius Mboya
Deogratius Mboya
Legal Officer

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗