XCon - ビジネスを簡素化するためのプラットフォーム

Connect coin(XCON)は、世界規模での支払いと送金の手段を簡素化することによって「世界をつなぐ」イーサリアムベースのコイン(ERC20)の設計です。 このシステムはCONNECT PAYとして知られています。 Connect coinは、グローバルマーケットのバイヤーとセラーをConnectマーケットプレイスとして知られる商品とサービスに結び付け、売り手は自分の商品とサービスを宣伝することができ、買い手はConnect coinを使用して簡単に商品を見たり、購入したりできます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
XCON
開始日時
2018-10-25
終了日時
2019-03-20
最高目標
9,017,400 USD
トークン供給数
53,200,000
公式サイトへ Owner of XCon?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率76%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Cryptocurrency International Tanzania limited(CITL)は、タンザニア連合共和国で設立された非公開有限責任会社です。 CITLは、タンザニアで最初に金融技術分野で商品を提供する企業です。この目的のために、CITLは、分散型コネクトコイン(XCON)を創出するために、グローバル通貨決済システムの変革と、暗号通貨およびブロックチェーン技術による通貨の振替、ならびに世界の金融市場における通貨の変動性の活用に尽力しています。    私たちのトークンは、世界規模での支払いと送金を容易にするように設計されています。 XCONは、CITL交換プラットフォーム、CITLマーチャントプラットフォーム、コネクトマーケットプレイスプラットフォーム、CITLトレーニングアカデミー、コネクトカードでサービスを提供し、さらに中小規模の投資家に投資機会を提供する独自のエコシステムに展開されます。    CITLは、暗号通貨取引の円滑な運営を促進し、Connect Coin(XCON)を作成し、それを他のさまざまなプラットフォームの支払い手段として使用されるユーティリティコインにすることを目的としています。グローバルに、私たちのプラットフォームは、人々があらゆる公共施設の代金を払い、あらゆる種類の店舗、切符売り場、映画館、レストラン、ヘルスセンター、宗教的な供物などから様々な物を購入するために使うことができる。オンラインストアや消費者が製造業者から直接購入することを可能にする最初で最高のeコマースプラットフォームになること。これは基本的に、一括価格設定、リアルタイム物流、電子商取引および暗号通貨の革新とともに、分散元帳テクノロジ(ブロックチェーン)の力を活用する次世代の分散型電子商取引プラットフォームです。

チーム すべてを見る

George Lucas
George Lucas
CEO & Founder
Jimmy James
Jimmy James
CTO & Founder
Chriss Shayo
Chriss Shayo
CFO (Finance)
Emmanuel Reuben
Emmanuel Reuben
IT Developer
Renee Krom
Renee Krom
Software Developer
Deogratius Mboya
Deogratius Mboya
Legal Officer

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )