CoinDeal - 暗号通貨取引所 2.0

CoinDealは、KajetanMaćkowiak、Adam Bicz、FilipDzierżakの3人のポーランド人によって設立された暗号通貨取引プラットフォームです。 取引所は2018年3月に立ち上げらたが、すでにグローバル市場で壮大な人気を獲得しています。 CoinMarketCapランキングによると、1日の取引量は世界最高の暗号通貨取引所の1つです。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
CLD token
開始日時
2019-06-25
終了日時
2019-11-12
最高目標
50,000,000 USD
トークン供給数
45,000,000
公式サイトへ Owner of CoinDeal?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEOS
タイプEOS
参加可能通貨Others
供給率90%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

プラットフォームは2018年3月に立ち上げ、現在最も急速に成長している暗号通貨取引所の1つです。 CoinDealは、暗号通貨とブロックチェーンテクノロジー業界で豊富な経験を持つ3人のポーランド人(Adam Bicz、FilipDzierżak、KajetanMaćkowiak)によって創立されました。彼らは、数か月で世界最大の暗号取引所の1つになるには十分であることを証明し、取引量(24時間)に基づいてCoinMarketCapの上位100の暗号通貨取引所の40位に達しました。    CoinDealには40を超える暗号通貨のペアがあります。ほとんどがビットコイン(BTC)とペアリングされていますが、リップル(XRP)またはイーサリアム(ETH)およびユーロ(EUR)、ドル(USD)、ポンド(GBP)、ポーランドズロチ(PLN)、ルーブル(Rub)または韓国ウォン(KRW)などの法定通貨ともペアになっています。利用可能なコインの数は非常に急速に増加しています。新しい暗号通貨は、関連するコミュニティの投票システムを通じて最も頻繁に登場します。これにより、ユーザーは取引所の将来の形に大きな影響を与えます。    入出金のオプションは、次の通貨で利用できるようになりました:CHECK MARKETS。さらに、クレジットカードを使用して、信頼できるパートナープラットフォーム(BuyCoinNow.com)からBTCを購入し、CoinDealウォレットに直接送金できます。    このプラットフォームは、新規および通常のユーザーに頻繁なプロモーションとアフィリエイトプログラムを提供します。友人を登録して取引するよう招待するために、取引手数料の20%を受け取ることができます。ユーザーは、一部の市場での料金割引やエアドロップなど、CoinDealでのプロモーションイベントにもしばしサプライズをもらえます。

チーム

Adam Bicz
Adam Bicz
Co-Founder & CEO
Kajetan  Mackowiak
Kajetan Mackowiak
Co-Founder & CMO
Filip Dzierzak
Filip Dzierzak
Co-Founder & COO
Alex Lightman
Alex Lightman
Advisor
Jason King
Jason King
Advisor

人気STO/ICO記事

  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32