CHERR.IO - 慈善寄付のためのブロックチェーンソリューション

CHERR.IO(別名CHERRIO)は、慈善団体、人道的および社会的責任を持つ組織の運営方法に新しい何かをもたらすことを目指す慈善寄付のブロックチェーンソリューションです。 このプラットフォームでは、透明性と詐欺防止を最優先事項とし、寄付者の資金配分の確認、すべての参加者の報酬制度の実現、仮想通貨で資金調達と非常に低い取引手数料などの機能に重点を置いています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CHR
開始日時
2018-06-15
終了日時
2018-06-30
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
12,000,000 USD
初回価格
1 CHR = 0.15 USD
トークン供給数
120,000,000
公式サイトへ Owner of CHERR.IO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Tier 1 - 1 CHR = 0.091 USD
  • Tier 2 - 1 CHR = 0.11 USD
  • Tier 3 - 1 CHR = 0.122 USD

概要

ドナー向けの主な機能

トレーサブル

イーサリアムブロックチェーンの助けを借りて受領当事者が受ける資金は完全に追跡可能であり、結果的に人々への信頼を高めます。

安全

ブロックチェーン全体に組み込まれた数学的なセキュリティは、以前のデジタルセキュリティソリューションよりもずっと優れており、ユニークで不変なデータを保証します。

ミドルマンなし

取引数と管理コストを削減するために、仲介業者は完全に排除されます。

不正防止対策

スマートコントラクトは、進捗状況とコミュニティ投票の証拠に基づいて受領当事者に段階的に資金をリリースする基盤となります。

報酬

報酬制度は簡単です。寄付するために使うトークンが多いほど、報酬が高くなります。

緊急プール

十分な注意を引かないキャンペーンのトークンを緊急プールに配置し、特別な危機状況に迅速に役立てます。

チーム すべてを見る

David Tacer
David Tacer
CO-FOUNDER, B.SC.
Mario Markovic
Mario Markovic
CO-FOUNDER, B.SC
Aljaz Straser
Aljaz Straser
CO-FOUNDER, B.SC.
Alen Breznik
Alen Breznik
ART DIRECTOR, UI/UX
Simon Furman
Simon Furman
Blockchain Developer, B.SC.
Bostjan Kovac
Bostjan Kovac
CONSULTANT, PHD

人気STO/ICO記事

  • 【お知らせ】コインポイン公式キャラクターにあの人が就任!

    コインポインから嬉しいお知らせです!既にコイン相場内のバナーで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと、コインポインの公式キャラクターにお金の妖精ことポインさんに就任いただく運びとなりました!暗号資産(=仮想通貨)の業界で知らない人はいない有名人、最近では雑誌やテレビでも人気者の、あのポインさんです!運営サイト:そして、今回公式キャラクターに就任いただいサービスがこちら!です。簡単にご紹介しますと、は、普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をこのサイト経由で利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。「始めて聞いたゾ〜」という方は、下記の記事をご
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー