Canyudoは仕事、イベント、または販売用のアイテムを作成して他のアプリユーザーのネットワークに宣伝したり、メディア、データファイル、場所タグを追加したり、または暗号通貨で支払いしたり、受けたりできる販促用組織的なツールです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CYD
開始日時
2019-04-14
終了日時
2019-07-14
調達金額
50000000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of Canyudo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, USD, EUR, GBP
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1st Month - 60%
  • 2nd Month - 30%
  • 3rd Month - 10%

概要

Canyu.doは、アプリユーザーが他のアプリユーザーのネットワークに仕事、タスク、イベント、または商品を販売するための広告を掲載するための無料の整理ツールで、暗号通貨で支払いまたは支払いを受けることができます。製品の発売時には、主に個人販売(求人広告)、一時的な採用、世界規模の送金市場を対象とし、短期契約の雇用機会を宣伝する広告と低価格で安全なピアツーピアの価値転送システムを組み合わせます。ユーザーは衛星ナビゲーションと同期するメディア、データファイル、および場所タグを追加して、投稿をすばやく簡単に作成してブロードキャストし、スマートコントラクトを利用して正式にプロセスを文書化し、必要に応じて支払いを行います。スマートコントラクトが実行された場合は手数料が発生し、その3分の1は慈善事業に差し入れます。このモデルでは、分散元帳システムを使用することで、登録されている慈善団体に資金プールのため資金を集まります。これをデジタル先渡しモデルの一部として追跡します。

チーム すべてを見る

Steve Biddick
Steve Biddick
CEO
Nigel Coyle
Nigel Coyle
CFO
Ben Lockhart
Ben Lockhart
CIO
Gerard Boer
Gerard Boer
Software Lead, Blockchain Architect
Marco Silva
Marco Silva
CTO
Tobi Doeringer
Tobi Doeringer
Charity Division Director

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし