Canyudo - ソーシャルタスクアプリ

Canyudoは仕事、イベント、または販売用のアイテムを作成して他のアプリユーザーのネットワークに宣伝したり、メディア、データファイル、場所タグを追加したり、または暗号通貨で支払いしたり、受けたりできる販促用組織的なツールです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CYD
開始日時
2019-04-14
終了日時
2019-07-14
調達金額
50000000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
5,000,000,000
公式サイトへ Owner of Canyudo?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, USD, EUR, GBP
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1st Month - 60%
  • 2nd Month - 30%
  • 3rd Month - 10%

概要

Canyu.doは、アプリユーザーが他のアプリユーザーのネットワークに仕事、タスク、イベント、または商品を販売するための広告を掲載するための無料の整理ツールで、暗号通貨で支払いまたは支払いを受けることができます。製品の発売時には、主に個人販売(求人広告)、一時的な採用、世界規模の送金市場を対象とし、短期契約の雇用機会を宣伝する広告と低価格で安全なピアツーピアの価値転送システムを組み合わせます。ユーザーは衛星ナビゲーションと同期するメディア、データファイル、および場所タグを追加して、投稿をすばやく簡単に作成してブロードキャストし、スマートコントラクトを利用して正式にプロセスを文書化し、必要に応じて支払いを行います。スマートコントラクトが実行された場合は手数料が発生し、その3分の1は慈善事業に差し入れます。このモデルでは、分散元帳システムを使用することで、登録されている慈善団体に資金プールのため資金を集まります。これをデジタル先渡しモデルの一部として追跡します。

チーム すべてを見る

Steve Biddick
Steve Biddick
CEO
Nigel Coyle
Nigel Coyle
CFO
Ben Lockhart
Ben Lockhart
CIO
Gerard Boer
Gerard Boer
Software Lead, Blockchain Architect
Marco Silva
Marco Silva
CTO
Tobi Doeringer
Tobi Doeringer
Charity Division Director

人気STO/ICO記事

  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたのでBTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますのでひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitMEX取
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ