Bright Network - 金融サービスのための分散型データマーケットプレイス

私たちの使命はブロックチェーンを利用したオープンなプロトコルとデータ市場を通じて、新世代の金融サービスをデータ経済に結び付けることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BRT
開始日時
2019-02-01
終了日時
2019-02-28
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
2,500,000,000
公式サイトへ Owner of Bright Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率50%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale Week 1 - 25%
  • Pre-Sale Week 2 - 20%
  • Pre-Sale Week 3 - 15%
  • Pre-Sale Week 4 - 10%

概要

Brightは、次のような方法で次世代の金融サービスのためのインフラストラクチャを構築します。

  • 分散保存、ビジネスデータの検証と利用のためのオープンプロトコル。
  • ユーザーが所有するパブリック、プライベート、およびメタデータの暗号化されたデータ保管庫。
  • 金融サービスプロバイダ、開発者、および企業のためのデータ市場。

Bright Networkは、ビジネスデータを共有および消費するためのオープンなエコシステムです。 FinTech、Neo Banks、その他の代替金融サービスプロバイダをデータ経済に結び付けるように設計されています。

チーム すべてを見る

Pierre Proner
Pierre Proner
Co-Founder and CEO
Anthony Martin
Anthony Martin
Co-Founder and Advisor
Arnold Almeida
Arnold Almeida
VP, Engineering
Jaime van Oers
Jaime van Oers
Head of Blockchain
Kate Matlock
Kate Matlock
Head of Communications
Jeremy Turiel
Jeremy Turiel
Computational Risk Analyst

人気STO/ICO記事

  • 【最新版】キャンペーン中の仮想通貨取引所まとめ!口座開設でお得にビットコインをGETしよう!

    [FX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」はトレードサービスが充実!さらにレバレッジ取引の取り扱い数は国内一位!今なら、新規口座開設で1,000円がもらえるキャンペーンを実施中!期間限定のお得なキャンペーン中に口座登録をしよう!✅ レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位 ✅ 上級者も納得! 高機能な取引ツール ✅ 豊富なトレードサービス [[[bitbankは、XRPの取引量が世界有数、MONAの取引高は日本一を誇る取引所です。セキュリティも第三者機関による高い評価を受けるなど、安全面において定評があります。   [[[GMOコインは、
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ