Bright Network - 金融サービスのための分散型データマーケットプレイス

私たちの使命はブロックチェーンを利用したオープンなプロトコルとデータ市場を通じて、新世代の金融サービスをデータ経済に結び付けることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BRT
開始日時
2019-02-01
終了日時
2019-02-28
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
2,500,000,000
公式サイトへ Owner of Bright Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率50%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale Week 1 - 25%
  • Pre-Sale Week 2 - 20%
  • Pre-Sale Week 3 - 15%
  • Pre-Sale Week 4 - 10%

概要

Brightは、次のような方法で次世代の金融サービスのためのインフラストラクチャを構築します。

  • 分散保存、ビジネスデータの検証と利用のためのオープンプロトコル。
  • ユーザーが所有するパブリック、プライベート、およびメタデータの暗号化されたデータ保管庫。
  • 金融サービスプロバイダ、開発者、および企業のためのデータ市場。

Bright Networkは、ビジネスデータを共有および消費するためのオープンなエコシステムです。 FinTech、Neo Banks、その他の代替金融サービスプロバイダをデータ経済に結び付けるように設計されています。

チーム すべてを見る

Pierre Proner
Pierre Proner
Co-Founder and CEO
Anthony Martin
Anthony Martin
Co-Founder and Advisor
Arnold Almeida
Arnold Almeida
VP, Engineering
Jaime van Oers
Jaime van Oers
Head of Blockchain
Kate Matlock
Kate Matlock
Head of Communications
Jeremy Turiel
Jeremy Turiel
Computational Risk Analyst

人気STO/ICO記事

  • 【中級・上級者向け】仮想通貨トレードの機会損失を防ぐ「Proアラート」リリース

    仮想通貨アプリ・コイン相場がついに有料会員制度・プレミアム会員をリリースしました!その中でも一番の目玉の機能はです。Proアラートとは、簡単にいうと価格アラートの上位互換版です。これまでの価格変動アラートに加えて、やを、コイン相場のPUSH通知でユーザーの皆様にお知らせする機能です。常にチャートに張り付いてトレードをしている方でも、多くの通貨ペアを同時に追い続けるの、苦しく無いですか?その点、Proアラートでは対応している取引所の全ての通貨ペアの分析をし、重要な局面の時だけ、ユーザーに教えてくれます。Proアラートがあれば、、、これで、これまで取りこぼしていたチャンスも、拾うことができた
  • コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckを解説

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。[ : BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC、MONA、LSK、FCT : 無料 : 成行注文、指
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)