Bright Network - 金融サービスのための分散型データマーケットプレイス

私たちの使命はブロックチェーンを利用したオープンなプロトコルとデータ市場を通じて、新世代の金融サービスをデータ経済に結び付けることです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BRT
開始日時
2019-02-01
終了日時
2019-02-28
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
2,500,000,000
公式サイトへ Owner of Bright Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率50%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale Week 1 - 25%
  • Pre-Sale Week 2 - 20%
  • Pre-Sale Week 3 - 15%
  • Pre-Sale Week 4 - 10%

概要

Brightは、次のような方法で次世代の金融サービスのためのインフラストラクチャを構築します。

  • 分散保存、ビジネスデータの検証と利用のためのオープンプロトコル。
  • ユーザーが所有するパブリック、プライベート、およびメタデータの暗号化されたデータ保管庫。
  • 金融サービスプロバイダ、開発者、および企業のためのデータ市場。

Bright Networkは、ビジネスデータを共有および消費するためのオープンなエコシステムです。 FinTech、Neo Banks、その他の代替金融サービスプロバイダをデータ経済に結び付けるように設計されています。

チーム すべてを見る

Pierre Proner
Pierre Proner
Co-Founder and CEO
Anthony Martin
Anthony Martin
Co-Founder and Advisor
Arnold Almeida
Arnold Almeida
VP, Engineering
Jaime van Oers
Jaime van Oers
Head of Blockchain
Kate Matlock
Kate Matlock
Head of Communications
Jeremy Turiel
Jeremy Turiel
Computational Risk Analyst

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[