Bread - シンプルで安全なビットコインウォレット

Breadはグローバル金融のあらゆるサービスに急速に拡大する準備を進めており、Breadトークンを中心とした、ウォレットサービスでは初めてのリワードプログラムを開始します。 Breadトークンを通じて、ユーザーの方々はプラットフォーム上の様々な特典にアクセスする事が可能となります。トークン保有者は割引特典や、保有トークン数のランクに応じた様々な機能に無料または限定でアクセスすることができます。特に保有数の多いユーザーは、最高レベルの限定サービスを受けることが可能です。 トークンは、無料配布、アンケートへの参加、Breadを頻繁に使うユーザーへのエアドロップなど様々なプロモーションを通じて獲得をする事が可能になります。BreadトークンはERC-20の基準に則ったトークンとしてイーサリアムのネットワーク上に存在するため、Breadのプラットフォームとは独立して自由に購入、販売、または転送ができます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BRD
終了日時
2017-12-20
最高目標
32,000,000 USD
トークン供給数
106,000,000
公式サイトへ Owner of Bread?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率66.25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Breadは世界最大の分散型金融機関を目指しています。私たちのチームメンバーの多くは、仮想通貨の初期段階から携わっており、ビットコイン、イーサリアム、その他のデジタル資産が新しい金融インフラへの道を切り拓いていくのを見てきました。これらのテクノロジーの登場に より、ユーザーは限定的でコストのかかる金融機関ではなく、お金を直接的に扱うことが可能になりました。

我々は、お金がインターネット上の情報の様に流動的になる未来を想像しています。消費者は、第三者に頼らず、自分の資産を自分でより安全に管理する事が可能になります。ハッカーがサーバーにアクセスし、数百万のクレジットカード情報を盗むことは不可能になります。また、銀行に資産を管理してもらう必要もなくなり、彼らの貪欲な投資慣行に左右されることもなくなります。

今後は、銀行、クレジットカード発行者、決済代行会社を通じて行っていることを、ユーザーが自分の端末から仮想通貨を活用して実行が可能になります。スマホ1つで、給与の受取り、公共料金支払い、ローン借入、株式投資、世界中の人々への送金、オンラインショッピングをする事ができるようになります。

これは仮想通貨を活用して実現できる未来です。そして、Breadは、顧客の資金や個人データを一切保有をしない、世界最大の分散型金融機関になる事で、この未来を実現します。それでは、Breadはどのようにこの世界を実現させるのでしょうか?Breadのプラットフォームのコアは今まで提供してきたウォレット機能にあります。こちらは今までも、そしてこれからも無料で提供します。この機能を使い、ユーザーは仮想通貨を保管できると同時に、世界中の誰にでも送金する事ができます。Breadは仮想通貨のピアツーピアネットワークに直接接続します。もしBreadが会社として閉鎖されてしまったり、サーバーがハッキングされても、各ユーザーの資産は安全に自分たちのデバイスの中に保護されています。

Breadでは、単純に仮想通貨を管理する以外に、世界中の様々なサービスプロバイダと提携して、ユーザーがBreadのプラットフォームを通じて幅広い追加サービスにアクセスできるようにします。金融サービスを新たに立ち上げ、法的に遵守するためには多くの時間と費用がかかり ます。その代わりに、Breadは世界各地に既に存在するサービスと連携する事を目指します。法を遵守し、Breadの高品質基準を満たしている各サービスと連携し、第三者のサービスでもBreadのプラットフォーム上ではユーザーフレンドリーな体験を実現できるよう努力します。我々にとっては直観的なシンプルさとセキュリティが最優先事項です。

ユーザーの方々に更なる価値を提供し、ユーザー数の拡大を促進し、Breadの世界的な金融プラットフォームの開発をサポートするために、我々は仮想通貨ウォレットとして初のリワードプログラムを開始します。

Bread Rewardsプログラムは、Breadトークンがベースになっており、トークンを活用することによって、アプリ内で特別な特典や割引を獲得することができます。ユーザーは様々なプロモーションプログラムに参加することにより、トークンを獲得することが可能になります。例え ば、ソーシャルメディアへのBreadに関する投稿や簡単なユーザーアンケートへの回答、またウォレット内に一定数以上の仮想通貨を保有している場合などに、トークンを報酬として分配することを考えています。

トークンはイーサリアムネットワーク上に構築され、Breadの保有されている仮想通貨と同様に、ユーザーがウォレット内で管理をできます。これにより、ユーザーはBreadに頼らず、いつでもトークンを送ったり利用する事ができ、とても魅力的なリワードプログラムとなっています。

チーム

Adam Traidman
Adam Traidman
CEO, Co-founder
Aaron Voisine
Aaron Voisine
President & Co-founder
Aaron Lasher
Aaron Lasher
CMO & Co-founder
James MacWhyte
James MacWhyte
Chief Product Officer
Samuel Sutch
Samuel Sutch
Chief Technology Officer
Brent Traidman
Brent Traidman
Chief Revenue Officer

人気ICO記事

  • DeFiを理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.1

    2019年04月16日追記: おすすめ記事を1つ追加しました。直近の半年で話題になり、注目を集めているトピックの1つが #Defi 分散型金融だろう。何より、実際自身の手で動かしてみることが出来るプロジェクトが多いという意味で、誰にでもとっつきやすいテーマである。クリプトトレーダーやdAppsゲーマーの皆さんのように、基本的なブロックチェーンの理解がある方々だと理解はきっと難しくないはずだ。尚、Editors Choice by CoinViewは、注目トピックの概要を網羅的に理解出来る記事を紹介することで、全体像と概況をスムーズに掴む一助になればという試みだ。直接レポートを書くという事はせず
  • 【2019年最新版】サラリーマンにおすすめの副業16選!会社員は隙間時間に賢く稼ぐ

    まだ、副業をしていないサラリーマンは危険信号です。もしあなたが一つの会社の収入のみに頼っているのであれば、このブログで紹介するに青ざめるかもしれません。一方でピンチはチャンスと言いまして、とも言えます。このブログが、日本の悩めるサラリーマンの参考になりますと幸いです。サラリーマンのは2017年で432万円です。リーマンショック以降やや回復傾向にはありますが、とはいえの状況であり、今後平均給与が大きく上がるとは考えづらいです。また、会社で給与が1万円しか上がらなかった(あるいは)なんて経験をしている人は多いのではないでしょうか。それもそのはず、終身雇用型の給与形態をとっている会社では
  • ポートフォリオの使い方- 仮想通貨アプリ コイン相場

    いま、どこに、どの通貨を、いくら持っているのか、リアルタイムで確認する事が出来ます。仮想通貨の資産管理は、取引所やウォレットなど、保管場所が複数ある場合、管理が非常に煩わしいです。その点、コイン相場のポートフォリオ機能は便利です。【】・【】あるいは【】しておくと価格変動に合わせた資産をリアルタイムで確認できます。日本円で表示されない海外取引所を利用するときや散らばっている資産の管理がとても簡単にできる機能です。 まずは、仮想通貨ポートフォリオ機能が使えるアプリ、利用している取引所とAPIを連携しておくと全ての取引履歴や資産残高がコイン相場アプリでも自動更新されます。連携方法については