Lunch Money - 食べる、写真を撮る、お金を稼ぐ

ブロックチェーン技術は、企業や顧客との関係における透明性と信頼を保証します。 独占契約および割引は、匿名の訪問およびカスタマーエクスペリエンスに関するフィードバックと交換されます。 参加している様々なレストランで食事をしている間、利用者は匿名のままです。 フィードバックを送信した後、顧客は次回の訪問で使用できる取引クーポンを受け取ります。Lunch Moneyトークンは、繰り返し訪問するための獲得インセンティブとして使用されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
LMY
初回価格
1.0000 USD
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of Lunch Money?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率16%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre Sale - 75%
  • Main Sale - 50%-25%

概要

レストランP.I.は排他的な取引や割引と引き換えに、経験に基づいてフィードバックを送信するためにレストランやバーの来場者をやる気にさせるために仮想トークンを使用するSaaSアプリです。その結果、経営者は彼らのビジネスを改善し、店を成長させることができます。レストランP.I.アプリは、創業者としての長年にわたる顧客サービス分野での経験、ビジネスコンサルティング、そしてブロックチェーンの専門家によるアドバイスから作られてきました。

このアプリは現在Google Playで利用可能で、トークン交換を待っています。レストランプラットフォームは世界中の都市で秘密の買物客エコシステムを作り出します。ユーザーはお得な情報を受け取り、アプリを介してバーやレストランへのフィードバックを提供するためのトークンを獲得することができます。ユーザーは、自分のLMYトークンをTrust Walletアプリに保存するか、参加している店での食事に使うことができます。目標は、匿名の顧客監視を通じてあらゆるサービスの場での顧客体験を改善することです。

チーム すべてを見る

Jeffery Varnado
Jeffery Varnado
Founder Of Restaurant P.I. Inc Co-Founder of Lunch
Adrian Triplett
Adrian Triplett
COO Restaurant P.I. Inc CO-Founder Of Lunch Money
Derek Hawkins
Derek Hawkins
Trademark Attorney
Salman Qadir
Salman Qadir
Chief Strategic Officer/ Global development
Davorin Bebek
Davorin Bebek
Social Media Managrer
Destiny Aigbe
Destiny Aigbe
General Counsel/ Securities Counsel

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし