Moozicore - バックグラウンドミュージックの体験を変わる

当社のサービスはバックグラウンドミュージックをインタラクティブな顧客提供のプレイリストに変換します。 Moozicoreの目標はバー、レストラン、ジムなどのエンターテイメント施設を顧客ごとにパーソナライズされたソーシャルミュージック体験を提供することです。 Spotify、Tidalまたは他の非営利サービスとは異なり、Moozicoreは完全に認証され、合法です。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MZI
開始日時
2018-01-02
終了日時
2018-01-29
最高目標
7,111 ETH
トークン供給数
498,000,000
公式サイトへ Owner of Moozicore?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプEIP20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • PreICO 1 week - 100,000 MZI = 1 ETH
  • PreICO 2 week - 95,000 MZI = 1 ETH
  • PreICO 3 week - 90,000 MZI = 1 ETH
  • PreICO 4 week - 85,000 MZI = 1 ETH
  • ICO 1 week - 80,000 MZI = 1 ETH
  • ICO 2 week - 75,000 MZI = 1 ETH
  • ICO 3 week - 72,500 MZI = 1 ETH
  • ICO 4 week - 70,000 MZI = 1 ETH

概要

私たちのソリューションは、ビジネスオーナーがプレイリストを管理し、スマートフォンから音楽を楽しむ機会を得て、より良いエクスペリエンスを顧客に提供します。Moozicoreプラットフォームを使用すると、ビジネスオーナーはMoozicore Web Panelにアクセスできるようになり、2,000万本以上のライセンスライブラリから独自の雰囲気を作り出すことができます。また、ジャンル別のカタログ、あらかじめ作成されたプレイリスト、 SpotifyやiTunesからお気に入りのプレイリストをインポートすることができます。

Moozicoreの目標は、バー、レストラン、ジムなどのエンターテイメント施設を顧客ごとにパーソナライズされたソーシャルミュージック体験を作成することによって進化させることです。

私たちのサービスは、スマートフォンからパブリック音楽、テレビディスプレイ、ソーシャルメディア、プロモーションなどを利用してダイナミックなユーザーエクスペリエンスにアクセスすることができます。

顧客はMoozicoreモバイルアプリを使用して曲を選び、今後の音楽に投票したり、他のバー出演者と交流したり、ソーシャルメディアで共有したり、バーの特別オファーをレビューしたりすることができます。

Moozicoreは、アーティストやソングライターが自分の努力に対して正当な報酬を受け取るべきだと考えています。当社のサービスを利用している企業であれば、米国の権利行使機関(ASCAP、BMI&SESAC)のライセンスが適用されます。

チーム

ADAM KRZAK
ADAM KRZAK
CEO | Co-Founder
HUBERT KAWICKI
HUBERT KAWICKI
CFO | Co-Founder

人気ICO記事

  • 【エアドロップQ】Yumerium(YUM)の基本情報おさらい

    はじめまして、最近『Airdrop』に興味を持ち始めている"もっちゃん"と申します。 コイン神社の沼崎さんが の記事内でブログライターを募集されていたので応募してみました(※採用ありがとうございます..!) 普段は のライターをやっています。 最近、僕は『エアドロップQ』をよく利用していましてクイズに答えるだけでトークンがもらえることに感動している毎日です。 僕のコラムでは を読者の皆さんに共有できたらいいな思っています。 コイン相場が運営している『エアドロップQ』では ので、諦めずにクイズに挑戦し続けることでトークンをもらうことができます(※時間制限・配
  • GLITZKOINによるダイヤモンド業界専用ブロックチェーンと仮想通貨

    によるダイヤモンド業界専用ブロックチェーンと仮想通貨最先端のブロックチェーン技術を利用して、が900億ドル規模のダイヤモンド業界が持つポテンシャルを最大限にまで活かします。ダイアモンド業界に長年携わってきたCEOのナヴニート・ゴエンカと共に、当プロジェクトはダイヤモンド業界に存在する弱点が何なのかを突きとめました。 プロジェクトが実施され次第、ブロックチェーンを基盤とした包括的なダイヤモンド取引用プラットフォームを提供いたします。国際的なダイヤモンド取引を隔てていた地理的な障壁は消えてなくなることでしょう。バイヤーはブローカーや代理人をいちいち通すことなく、セラーがリストアップしたダイヤモ
  • 中華系取引所トークン:BigONEが発行するONEについて

    最近話題になっている配当型の取引所トークンですが、BigONEという取引所も発行を発表し、早速アカウント開設の受付を始めています。いずれも中華系の取引所で、FT、OCX、BIG、CONI辺りが現地では注目を浴びているようです。※BIGはBigONEが発行するトークンで、ONEとは別に以前から発行されていたものです。今回は、英語になっていた説明をざっくりと日本語にしてみました。尚、「ONE」の取引マイニングへの参加は先着順で行われるようです。「取引マイニング」セクションの取引手数料の100%が「ONE」で配分されます。最初の3日間の「ONE」の配分はすべて6月25日に行われます。人数限定、数回に