Moozicore - バックグラウンドミュージックの体験を変わる

当社のサービスはバックグラウンドミュージックをインタラクティブな顧客提供のプレイリストに変換します。 Moozicoreの目標はバー、レストラン、ジムなどのエンターテイメント施設を顧客ごとにパーソナライズされたソーシャルミュージック体験を提供することです。 Spotify、Tidalまたは他の非営利サービスとは異なり、Moozicoreは完全に認証され、合法です。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MZI
開始日時
2018-01-02
終了日時
2018-01-29
最高目標
7,111 ETH
トークン供給数
498,000,000
公式サイトへ Owner of Moozicore?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプEIP20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • PreICO 1 week - 100,000 MZI = 1 ETH
  • PreICO 2 week - 95,000 MZI = 1 ETH
  • PreICO 3 week - 90,000 MZI = 1 ETH
  • PreICO 4 week - 85,000 MZI = 1 ETH
  • ICO 1 week - 80,000 MZI = 1 ETH
  • ICO 2 week - 75,000 MZI = 1 ETH
  • ICO 3 week - 72,500 MZI = 1 ETH
  • ICO 4 week - 70,000 MZI = 1 ETH

概要

私たちのソリューションは、ビジネスオーナーがプレイリストを管理し、スマートフォンから音楽を楽しむ機会を得て、より良いエクスペリエンスを顧客に提供します。Moozicoreプラットフォームを使用すると、ビジネスオーナーはMoozicore Web Panelにアクセスできるようになり、2,000万本以上のライセンスライブラリから独自の雰囲気を作り出すことができます。また、ジャンル別のカタログ、あらかじめ作成されたプレイリスト、 SpotifyやiTunesからお気に入りのプレイリストをインポートすることができます。

Moozicoreの目標は、バー、レストラン、ジムなどのエンターテイメント施設を顧客ごとにパーソナライズされたソーシャルミュージック体験を作成することによって進化させることです。

私たちのサービスは、スマートフォンからパブリック音楽、テレビディスプレイ、ソーシャルメディア、プロモーションなどを利用してダイナミックなユーザーエクスペリエンスにアクセスすることができます。

顧客はMoozicoreモバイルアプリを使用して曲を選び、今後の音楽に投票したり、他のバー出演者と交流したり、ソーシャルメディアで共有したり、バーの特別オファーをレビューしたりすることができます。

Moozicoreは、アーティストやソングライターが自分の努力に対して正当な報酬を受け取るべきだと考えています。当社のサービスを利用している企業であれば、米国の権利行使機関(ASCAP、BMI&SESAC)のライセンスが適用されます。

チーム

ADAM KRZAK
ADAM KRZAK
CEO | Co-Founder
HUBERT KAWICKI
HUBERT KAWICKI
CFO | Co-Founder

人気ICO記事

  • 【エアドロップQ】Nortonchain Platform(NRT)の基本情報おさらい

    コイン神社ブログをご覧になっている皆様はじめまして、もっちゃんです。 普段は のライターをやっています。前回は  について記事を書かせていただきました。皆さんはもうBittech(BTECH)のトークンはもらいましたか?コイン相場が運営している『エアドロップQ』ではので、諦めずにクイズに挑戦し続けることでトークンをもらうことができます(※時間制限・配布上限あり)下記URLからエアドロップQの参加方法が分かるので確認してみてください...!【エアドロップQへの参加方法】コイン相場が提供しているエアドロップQにて、2種類の仮想通貨のAirDropがSTARTします。今回の記事ではNorto
  • 国産グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)がICO済のトークン報酬の導入を開始

    日々、「国産コイン」で動いているサービスって殆ど無いよね、というのが口癖になっているのは著者だけでは無いはずだ。動いているという意味では最も動いているサービスが、実はある。知らない方も多いと思うが、2017年9月に香港法人SynchroLife, LimitedでICOを行っていた、グルメSNS「シンクロライフ」(SynchroLife)に、本日からトークン報酬が導入された。導入されたシンクロコインは、レビューを書いた方に対して報酬として配布されていく予定だ。今後は、店舗決済自体に使え、ユーザーにも還元されるという仕組みになっている。昨年のICO以前からプロダクト自体は公開されており、ユーザー
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア