Bow - 高級品の由来を確保

Bow Tokenは、保護されたブロックチェーンを通じて価値の高い製品の透明性とトレーサビリティを保証する独自のトークンです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BT
開始日時
2019-05-15
終了日時
2019-09-15
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
6,000,000 USD
初回価格
0.3500 USD
トークン供給数
25,000,000
公式サイトへ Owner of Bow?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 50%

概要

BOWブロックチェーンは、さまざまな利害関係者に具体的なデジタルソリューションを提供し、商品の信頼性を保証し、価値と希少性を評価し、証明書を購入しやすくし、ブランドの知的財産を保護し、支払いシステムを確保し、匿名化し、および盗難保険を提供することによって、セクターの願望に答えます。消費者への透明性とブランドへの安全性を保証するために、サプライチェーンにリンクされたデータを分散化、保護、そして保管します。

プロジェクトは3段階で実施されています。

  • 消費者が自分のスマートフォンで製品をスキャンできるようにするアプリケーション。アプリケーションは、製品の生産に関連するすべての情報を表示し、環境面および公正取引面に焦点を当てます。
  • Bowブロックチェーンのおかげで、ファッションの専門家がサプライチェーンを管理できるようにする企業向けソフトウェア。
  • このアプリケーションとソフトウェアを民主化するために、具体的なユースケースを持つためのより良い方法。このプロジェクトはまた、Bowtie-BarberであるSwarovskiと提携して、20カ国以上で特許取得済みの創作物を販売するための物理的なセールスポイントを創出することも目的としています。

チーム すべてを見る

Aurore Petit
Aurore Petit
Fondatrice & CEO du Bow Token
Jean Jacques Sebbag
Jean Jacques Sebbag
COO of the Bow Token & CEO Swarowski
Bastien Buenaventes
Bastien Buenaventes
Responsable commercial
Hamza Laajaj
Hamza Laajaj
Blockchain Development Manager
Damien Guerrier
Damien Guerrier
Innovation Business Manager
Guillaume Rouxel
Guillaume Rouxel
Web designer

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常