BizShake - 実世界資産のトークン化によるNEOブロックチェーン上のP2P共有エコシステム

BizShakeはNEOブロックチェーンテクノロジをベースにした、完全に分散型P2P共有エコシステムを構築し、ユーザーが賃貸借の形態で資産を収益化することを可能にし、仲介コストを大幅に削減することを目的として、 P2P Sharing Economy 2.0のパラダイムでは、Blockchainはトランザクションと支払いを実行します。 この場合、P2Pトランザクション中に不可欠な信頼がブロックチェーンによって提供されます。 BizShakeアプリケーションは、ユーザに市場アクセスとビジネスロジックを提供しますが、そのためには非常に少ない手数料がかかります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BZS
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-10-31
最低目標
3,700,000 USD
最高目標
40,000,000 USD
初回価格
1 BZS = 0.4 USD
トークン供給数
100,000,000
公式サイトへ Owner of BizShake?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプNEP-5
参加可能通貨NEO, GAS, ONT, Others
供給率不明
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域China
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Private Sale (Oct 1 – Oct 14) - 40% (1 NEO = 260 BZS)
  • Crowd Sale Phase 1 (Oct 15 – Oct 18) - 25% (1 NEO = 230 BZS)
  • Crowd Sale Phase 2 (Oct 19 – Oct 21) - 15% (1 NEO = 215 BZS) 
  • Crowd Sale Phase 2 (Oct 22 – Oct 25) - 10% (1 NEO = 200 BZS) 
  • Crowd Sale Phase 2 (Oct 26 – Oct 31) - None (1 NEO = 185 BZS)

概要

BizShakeは、ピアコントロールに基づいた分散型紛争システムを実装します。これは、ユーザーが他のユーザーが紛争を判断し解決するのを手助けするように、完全なP2P共有経済の本格的な実施の仕方とまったく同じです。さらに、単一のアービタの争いは、他のアービタからのピア制御を受けることになる。

SmartCertifyは革新的なBlockchainのコンセプトを「Non-Fungible Tokens」とし、高価値資産の虚偽または壊れたオブジェクトを大幅に削減するために、Certifier Usersを含むアフィリエーションプログラムを導入する予定です。一方、ユーザーは、コミュニティと共有している資産の信頼性を認めることができます。

BizShakeは、BizShakeのdAPPからの多数のデータと、政府データ、保険、金融機関などの外部ソースを介して、ユーザーのプロファイル、IDおよび信頼性のレベルを計算する特定のAIアルゴリズムを実装します。このような信頼性レベルは、他のBizShakeパートナーのdAPPユーザーのコンセンサス。

SmartAPIは、コミュニティに可能な限り最大の価値をもたらすために、垂直市場、特定の資産クラス、言語に対するBizShakeビジネスロジックとAIアルゴリズムに基づいてより多くのアプリケーションを実装する可能性を、他のビジネスオーナーに提供します。

チーム すべてを見る

Giuseppe Lo Presti
Giuseppe Lo Presti
CEO and Founder
Yuting (Valentina) Gu
Yuting (Valentina) Gu
CMO and Co-Founder
Giuseppe M. Lo Presti
Giuseppe M. Lo Presti
Blockchain Evangelist
Nicola Bitetti
Nicola Bitetti
Cloud Solution Architect
Alessandro Rudellat
Alessandro Rudellat
Head of Design
Andrea Celin
Andrea Celin
Software Architect

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元: