Bitwin 2.0 - 分散型デジタルエンタテインメント

私たちの使命は、低い取引コストとほぼ即時に引き出すことができる、真に透明で公平なオンラインカジノとスポーツブックの体験を提供することです。これを達成するために、現在のプラットフォームの上に構築して、ブロックチェーンテクノロジによってもたらされる可能性を適応させます。 また、他のプラットフォームでも容易に採用できる様々なチェーンゲームソリューションを提供することで、ブロックチェーンカジノコミュニティとの共同作業の結果を共有する予定です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BWT
開始日時
2018-12-10
終了日時
2018-12-31
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Bitwin 2.0?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私達は新しいよりよいオンラインカジノモデルを開発することにした。 Bitwinでは、すべてのトランザクションとコンピューティングは、イーサリアムネットワークとその偏りのないスマートコントラクトに基づいています。

さらに、これらの契約の洞察のおかげで、ビットコインブロックチェーンの脆弱性とは対照的に、損害を招くような利益をなくす出入口が閉鎖されます。 与えられたゲームのルールのセットを記述するコードのすべての行を検証できることは、カジノがコード操作や他のタイプの改ざんに基づいて不正行為を隠すことを不可能にします。

取引コストとその処理時間に関する問題を解決するにあたっては、単にBitwinネットワークと呼ばれるシステムと一連のソリューションを考え出しました。 Bitwinエコシステムのこの要素は、プレイヤーの賭けの最終結果だけをイーサリアムブロックチェーンに転送するだけでなく、賭け金が最も低い場合でもトランザクションコストを無視して即時支払いを可能にします。

チーム すべてを見る

Bartłomiej Bulda
Bartłomiej Bulda
Chief Executive Officer and Founder of Bitwin.com
Bogdan Stanczak
Bogdan Stanczak
Advisory to the Board
Bartosz Biliński
Bartosz Biliński
Chief Technology Officer
Łukasz Hirsch
Łukasz Hirsch
Chief Marketing Officer
Kamila Śpiewak
Kamila Śpiewak
Chief Financial Officer
Krystian Jabłoński
Krystian Jabłoński
Chief Information Officer

人気STO/ICO記事

  • 【API連携】Zaif/ザイフとAPI連携する方法 - 画像付きで分かりやすい!

    もし、多数の仮想通貨取引所で取引を行っている方々はこの記事に注目してください。多数の取引所の資産を一目で管理できる機能が今から説明するAPI連携機能です。一回だけ各取引所と連携しておくと、取引や資産管理がスピーディーにできますので是非、API連携をお試しください。Zaif運営元はテックビューロという会社です。2018年取引所に不正アクセスにより約70億円の仮想通貨流出被害を受けました。テックビューロはこの事件によりJASDAQ上場企業であるフィスコグループのフィスコ仮想通貨取引所へZaifの事業を譲渡することを決めている状態です。Zaifの取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)・イーサリアム(E
  • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

    コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2019年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい
  • 【API連携】Liquid/リキッドのAPI連携方法 - 画像付きで分かりやすい!

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。金融庁が認可した仮想通貨取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」はQUOINE株式会社が運営する