Bitcoin Oil - スイスからの新しいBitcoinフォーク

Bitcoin Oil(BTCO)は、2019年にローンチされる予定のBitcoinブロックチェーン技術をベースにした新しい暗号通貨です。BTCOハードフォークの実装により、技術的に最も高度なバージョンのビットコインが誕生します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BTCO
開始日時
2019-06-20
終了日時
2019-07-20
最高目標
102,000,000 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Bitcoin Oil?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームBitcoin
タイプBitcoin
参加可能通貨BTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Bitcoin Oil(BTCO)は、2019年にローンチされる予定のBitcoinブロックチェーン技術をベースにした新しい暗号通貨です。BTCOハードフォークの実装により、技術的に最も高度なバージョンのビットコインが誕生します。

BTCOとその「最適に改善された元帳」(OIL)の中心は、安定性、持続可能性、プライバシー、スマートサイドチェーン、およびスケーラビリティの分野における重要なビットコインの改善の開発と実装に焦点を合わせた非常に革新的な「SSPSS」戦略です。 (i)Bitcoinのボラティリティを最小限に抑える(つまり、インセンティブベースの経済を創出することによる)(ii)Bitcoinの非常識なエネルギー消費量の大幅な削減(すなわち、合意の変更による)など、主な新しいBitcoinブロックチェーン機能(iii。)真のプライバシー機能を実装する(すなわち、機密取引を可能にする)、(iv。)BitcoinベースのICOおよびSTOに権限を与える(例えば、完全なスマートコントラクト機能を採用することによる)。最先端のスケーラビリティソリューションを開発する(すなわち、レイヤ2プロトコルとオフライントランザクションの完全統合による)。    この意味で、Bitcoin Oilは、Bitcoinとは異なり、急激な変化をほとんど不可能にする長くて長期にわたるBIP手順に従う必要がないことを理解することが非常に重要です。そのイノベーションの阻害剤とは反対に、Bitcoin Oilは、世界最大のブロックチェーンおよびBitcoin開発会社のいくつかとの間で直接契約を締結しています。これは、Bitcoinの2019年BTCOフォークおよびその後のすべての改良を請け負う予定です。

チーム すべてを見る

Rajesh Kumar Radhakrishna
Rajesh Kumar Radhakrishna
Chief Software Architect
Donald H. Goree
Donald H. Goree
Chairman & C.E.O
Donald W. Orr
Donald W. Orr
President
E. Frank Hill
E. Frank Hill
Chief Operations Officer & Director
Lloyd Ross
Lloyd Ross
Director & Chief Financial Officer
David M. Smith
David M. Smith
Oil and Gas Legal Counsel

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO