Billion - 仮想通貨の日常使用のためのマルチツール

Billionは、アクティブ仮想通貨ユーザーと暗号スペースの新米の両方のために設計された包括的でユーザーフレンドリーなツールセットです。 Billionは、低コストのP2P交換サービス、複数の通貨をサポートする使いやすいモバイルウォレット、仮想通貨支払いを受け入れる市場、保証付き宅配便サービス、金融メッセンジャー、投資プラットフォームを含む市場のユーザーの毎日のニーズを満たすために必要なすべての要素が含まれますサービスを提供しています。Billionアプリは、SPVアーキテクチャー、Payment Code ID、Payment Code IDに基づくメッセンジャーなどの複雑なテクノロジーと、独自のインターフェイス設計と多数の仮想通貨の統合を実現します。Billionのエコシステムの最初のモジュール - Billionウォレット - はすでにiOSで利用可能です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BLLN
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-02-01
最高目標
70,000 ETH
初回価格
0.1291 USD
トークン供給数
119,867,466
公式サイトへ Owner of Billion?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率47,9%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちは、ユニークなユーザーインターフェイスを作るために努力しました。アプリケーションの本当に安全で自律的なアーキテクチャも設計しました。それは財布の再発明ですが、現在は仮想通貨のためのものです - それは法定通貨管理のベストプラクティスに基づいており、仮想通貨のすべての利点を正しい方法で同時に示します。

Billionは、アクティブ仮想通貨ユーザーと暗号スペースの新米の両方のために設計された包括的でユーザーフレンドリーなツールセットです。 Billionは、低コストのP2P交換サービス、複数の通貨をサポートする使いやすいモバイルウォレット、仮想通貨支払いを受け入れる市場、保証付き宅配便サービス、金融メッセンジャー、投資プラットフォームを含む市場のユーザーの毎日のニーズを満たすために必要なすべての要素が含まれますサービスを提供しています。Billionアプリは、SPVアーキテクチャー、Payment Code ID、Payment Code IDに基づくメッセンジャーなどの複雑なテクノロジーと、独自のインターフェイス設計と多数の仮想通貨の統合を実現します。Billionのエコシステムの最初のモジュール - Billionウォレット - はすでにiOSで利用可能です。

チーム すべてを見る

Kirill Sosnovy
Kirill Sosnovy
CEO, Billion Founder
Ivan Zyrin
Ivan Zyrin
CDO, Billion Co-Founder
Roman Ovcharenko
Roman Ovcharenko
CTO, Developer, Billion Co-Founder
Nik Blinkoff
Nik Blinkoff
Senior Project Executive & Communication
Maxim Golinskiy
Maxim Golinskiy
Chief Business Development Officer
Ive Oparin
Ive Oparin
Blockchain Expert & Strategy

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ