Benepit - 電話の使用をトークン化する

世界で電話使用をトークン化する最初のADプラットフォームです。 世界中の電話ユーザーのためのネットワーク科学ベースのターゲット広告を提供します。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BNP
開始日時
2018-10-23
終了日時
2018-12-08
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
10,000,000
公式サイトへ Owner of Benepit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

今日、世界中に73億人のモバイル加入者があります。これは、米国国勢調査局によって推定された世界人口の72億人を超え、年間3%で増加しています。スマートフォンユーザーの総数は34億人で、2021年には64億人に達すると予測されています。人々はスマートフォンを1日平均3時間使用します。このうち、20%が電話やテキストに時間を費やしています。

数十年間、人々の行動を分析するために様々なデバイスが使用されてきました。しかし、この情報はスマートフォンほど多様ではありません。携帯の使用状況データを使用して、人の場所、コミュニケーション履歴、行動パターンを追跡することができます。また、どれだけのネットワークが発生し、消滅しているかもわかります。時間の経過や状況によって人々の行動や心理が変化するというリアルタイムの携帯利用データでもわかります。さらに重要なことに、私たちはこのデータを見て、人々の行動や心理学に関する重要な洞察を得ることができます。重複する活動領域を持つ人々を見つけることができます。あるいは、人々が主に好む店舗についての情報を得ることができます。これらの洞察を「コイン報酬」、「サービスの推奨」、「ターゲット広告」と結びつけて、新しい価値を提供したいと考えています。メッセンジャーサービス企業は、無料のテキストメッセージでユーザーに報いることでビジネスを革新してきたが、世界中の携帯ユーザーは電話、テキストメッセージ、データの使用料を支払う。しかし、まだ携帯機能の使用に革命をもたらしたサービスモデルはありません。だから私たちは、電話をかけるときに人々が報われるイノベーションに取り組んでいます。私たちは、BenePitサービスを通じてこの革新を実現することを計画しています。

チーム すべてを見る

Peter Oh
Peter Oh
CEO
Sean Lee
Sean Lee
CPO
Antonio
Antonio
CTO
Kangsan Kim
Kangsan Kim
Developer
Vincent Hong
Vincent Hong
Developer
Sang Jun Shin
Sang Jun Shin
R&D Director

人気ICO記事

  • コミケ95に参加されるサークルの皆様へ|仮想通貨決済を導入しませんか?

    気づけば11月も終盤になり、あっという間に年末ですね。年末といえば?はい。コミケですね。一応ピンと来ない方に概要をお伝えすると。東京ビッグサイトで開催される"オタクの祭典"・コミックマーケット、通称"コミケ"。毎回、50万人以上が駆けつける、熱量高いイベントです。今年の夏に開催されたコミックマーケット94は酷暑にも関わらず来場者数は53万人で、経済効果は180億円あるのだとか・・・。▼コミックマーケット95参加サークル34,850って、半端ないですね。コミケに負けじ劣らじの熱量があった?ビットコイン。昨年末と比較すると、現在は市場も落ち着き、「ビットコインおわた」なんて声も囁かれる昨今ですが、
  • 韓国版でもAirDorpQが実現!「コイン相場」開発週報 Vol.23

    paypayの衝撃ヤバいっすね。私もビッグカメラ行きます!!さて先週はアプリの改良を続けました。ニュース機能はよりソート精度を上げているのでアップデートをお楽しみください。複数の詳細画面をウォッチリストに戻ることなく見れるようになります。操作が1つ減るだけですがこの小さな違いが大きな違いです!!仮想通貨の人気が日本より熱い韓国ユーザーからの要望に応えました。現在2週間ほどかけて韓国で複数のブロックチェーン企業を訪問しています。有意義な話がたくさんできました。詳細は乞うご期待!
  • HIVEHack 〜君ならブロックチェーンで世界をどう変える?〜

    イベントURL 今、急速に成長しているブロックチェーン市場…ブロックチェーンが既存のビジネスやボランティア、様々な枠組みに与える影響はとても大きい。最近になってようやくブロックチェーンが話題となり具体的なユースケースなどが考え始められてきた。しかし、ユースケースを考えるだけではなく、実際にコードベースで動くプロダクトはまだまだ出て来ていない。そこで、地理的にも日本の中心に位置するここ大阪に様々な豪華なゲストとともに日本中のブロックチェーンエンジニアを集結させ今までにない規模のハッカソンを開催する。日本のブロックチェーン業界を技術的に牽引しているリーダー達をゲストにお迎えしてブロックチェーンと