Bcshop - デジタル製品およびサービスの販売プラットフォーム

BCShop.ioはイーサリアムブロックチェーンのスマートコントラクトに基づいて、デジタル製品やサービスを販売するためのプラットフォームです。 BCShop.ioは、ベンダーがデジタル製品とサービス、および顧客に関する情報を公開して、イーサリアム仮想通貨でこれらの製品とサービスを購入することを可能にします。 この場合、製品に関するすべてのデータは、イーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトとして保存されます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BCS
開始日時
2017-10-09
終了日時
2017-12-15
最低目標
2,000 ETH
最高目標
8,000 ETH
初回価格
0.01 ETH
公式サイトへ Owner of Bcshop ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BCShop.ioは、イーサリアムブロックチェーンのスマートコントラクトに基づいて、デジタル製品やサービスを販売するプラットフォームです。BCShop.ioは、ベンダーがデジタル製品やサービス、および顧客に関する情報を公開し、これらの製品やサービスをイーサリアム仮想通貨に使用することを可能にします。その場合、製品に関するすべてのデータは、イーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトとして保存されます。スマートコントラクトを使用すると、支払い処理の自動化と商品のアカウントが可能になります。最も単純なケースでは、デジタル製品の提供はわずか数回のクリックで完了し、ベンダーはソフトウェアをインストールする必要はありません。デジタル製品の購入も簡単なプロセスです。バイヤーは、イーサリアムブロックチェーンの本国通貨であるETHですべての支払いを行います。販売商品や購入商品の作成は、最も人気のあるイーサリアムオンラインウォレットの1つであるMyEtherWalletをベースにしたソフトウェアを使用して行われます。これにより、デスクトップとモバイルデバイスの両方でサービスを使用できます。 BCShop.ioは、C2C(クライアントからクライアント)およびB2C(ビジネスからクライアント)のソリューションとして販売されています。 BCShop.ioはビジネスクライアントに無料の統合開発を提供します。

私たちの主な競争上の優位性:

  • 低い手数料
  • トランザクション中の資金の必要な変換なし
  • 高速なトランザクション
  • 分散データストレージ
  • 営業ビジネスとの自由な統合
  • 顧客フレンドリーで便利なサービスを顧客とベンダーに提供
  • 製品評価システム

BCShop.ioは投資家にBCSトークンを提供します。このアプローチのおかげで、BCSトークンは発行後最初の日に流通できます。 購入/交換を希望する人は誰でも、株式取引所とは独立して行うことができます。

チーム すべてを見る

VLADLEN MANSHIN
VLADLEN MANSHIN
Team management, project coordination, marketing
OLEG KONDRAKHANOV
OLEG KONDRAKHANOV
Backend development, smartcontracts development, vendors integration
ALEXEY KUZMIN
ALEXEY KUZMIN
Frontend development, vendors integration
NIKITA IVANOV
NIKITA IVANOV
Community management, technical support
ANTON LOKTEV
ANTON LOKTEV
Developed solutions testing, documentation control
EKATERINA ANTONOVA
EKATERINA ANTONOVA
Preparing materials in English

人気ICO記事

  • Varanidaは広告詐欺に対する解決ですか?

    より多くの広告主や出版社がデジタル広告の危機を解決するための技術の向上を目指し、オンラインプライバシーを懸念するユーザーが増えるにつれて、特に日本ではこの業界を混乱させる透明で倫理的な広告ネットワークに対する需要が高まっています。Japanbuzz.infoによると、80億ドル以上の投資を受けて、日本はインターネット広告の支出で世界第4位にランクされ、日本で第2位の広告市場となった。このような大規模な広告市場では、個人情報の保護に関する日本の法律が可決されたプライバシー問題が多くあります。この行動はGDPRと同様に機能した「国家及び地方公共団体等の責任の明確化を基本方針の制定、政府の基本方針の
  • なんで幻冬舎が仮想通貨メディアを?:次のメディアの形を模索する『あたらしい経済』の設楽編集長に聞いてみた

    「あたらしい経済」は出版社である幻冬舎が立ち上げた、仮想通貨・ブロックチェーンに関するWebメディアだ。幻冬舎については、今や、カリスマ編集者・箕輪厚介氏や社長である見城徹氏の名前の方が有名になってしまったかもしれない。仮想通貨という文脈では、佐藤航陽『お金2.0』・落合陽一『日本再興戦略』を NewsPicksと共に出版していると言った方が分かりやすいかもしれない。この文脈を辿れば、幻冬舎が仮想通貨・ブロックチェーンメディアを立ち上げるのは不自然では無いかもしれない。ただ、誤解を恐れずに言えば「仮想通貨に関連するメディア業」は、個人のブロガーが最も利益を上げやすいジャンルであり、法人メディア
  • 【7月5週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報

    先週は順調に新機能の開発が進みました。今週から新しいUIになっております。AirDrop Qや自動売買は「ピックアップ」ページよりご利用になれます。ウォレット機能はテスト段階に入りました。もうしばらくお待ちください。相場データの整理と安定性と速度の強化も引き続き行っております。 ウォッチリストの表示を3段階に分けました。ご自身に合う表示方法を選択してください。 Vechain(ウォレット) CoinPark(ウォッチリスト)