Bcshop - デジタル製品およびサービスの販売プラットフォーム

BCShop.ioはイーサリアムブロックチェーンのスマートコントラクトに基づいて、デジタル製品やサービスを販売するためのプラットフォームです。 BCShop.ioは、ベンダーがデジタル製品とサービス、および顧客に関する情報を公開して、イーサリアム仮想通貨でこれらの製品とサービスを購入することを可能にします。 この場合、製品に関するすべてのデータは、イーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトとして保存されます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BCS
開始日時
2017-10-09
終了日時
2017-12-15
最低目標
2,000 ETH
最高目標
8,000 ETH
初回価格
0.01 ETH
公式サイトへ Owner of Bcshop ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BCShop.ioは、イーサリアムブロックチェーンのスマートコントラクトに基づいて、デジタル製品やサービスを販売するプラットフォームです。BCShop.ioは、ベンダーがデジタル製品やサービス、および顧客に関する情報を公開し、これらの製品やサービスをイーサリアム仮想通貨に使用することを可能にします。その場合、製品に関するすべてのデータは、イーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトとして保存されます。スマートコントラクトを使用すると、支払い処理の自動化と商品のアカウントが可能になります。最も単純なケースでは、デジタル製品の提供はわずか数回のクリックで完了し、ベンダーはソフトウェアをインストールする必要はありません。デジタル製品の購入も簡単なプロセスです。バイヤーは、イーサリアムブロックチェーンの本国通貨であるETHですべての支払いを行います。販売商品や購入商品の作成は、最も人気のあるイーサリアムオンラインウォレットの1つであるMyEtherWalletをベースにしたソフトウェアを使用して行われます。これにより、デスクトップとモバイルデバイスの両方でサービスを使用できます。 BCShop.ioは、C2C(クライアントからクライアント)およびB2C(ビジネスからクライアント)のソリューションとして販売されています。 BCShop.ioはビジネスクライアントに無料の統合開発を提供します。

私たちの主な競争上の優位性:

  • 低い手数料
  • トランザクション中の資金の必要な変換なし
  • 高速なトランザクション
  • 分散データストレージ
  • 営業ビジネスとの自由な統合
  • 顧客フレンドリーで便利なサービスを顧客とベンダーに提供
  • 製品評価システム

BCShop.ioは投資家にBCSトークンを提供します。このアプローチのおかげで、BCSトークンは発行後最初の日に流通できます。 購入/交換を希望する人は誰でも、株式取引所とは独立して行うことができます。

チーム すべてを見る

VLADLEN MANSHIN
VLADLEN MANSHIN
Team management, project coordination, marketing
OLEG KONDRAKHANOV
OLEG KONDRAKHANOV
Backend development, smartcontracts development, vendors integration
ALEXEY KUZMIN
ALEXEY KUZMIN
Frontend development, vendors integration
NIKITA IVANOV
NIKITA IVANOV
Community management, technical support
ANTON LOKTEV
ANTON LOKTEV
Developed solutions testing, documentation control
EKATERINA ANTONOVA
EKATERINA ANTONOVA
Preparing materials in English

仮想通貨で仕事しよう!

COINJINJAではオフィシャルライターを募集しています。

お仕事内容:

  • 仮想通貨に関する/ICOに関する記事の執筆
  • 元情報が英語である事が多いので英語が読み書き出来る事が望ましいです
  • 報酬は仮想通貨で支給します

まずはご連絡下さい!

人気ICO記事

  • 銀行が変わる!? UFJグループが独自通貨のテスト実施! 2018年4月23日(月)の仮想通貨ニュースまとめ

    今日はALISさんのベータ版の発表会ついにこの日が来ましたね、長かったです。ALISの皆さま、おめでとうございます。UFJ、動きが早いですね。人工知能やブロックチェーンで銀行の既存業務が奪われていく中で新しい事業の目を育てることができるか注目です。
  • 「仮想通貨×投資家:億り人とか言われるけど、ただの駆け出しの投資家ですよ」(Crypto Stories vol.4)

    今回は、世間的にはいわゆる「億り人」と呼ばれる仮想通貨ブロガーのseiyaさんとかきぴーさんと対談形式でのインタビューを実施しました。幾つか印象的だった事があって、確かに彼らはサラリーマン生活から離脱して、いわゆるニートのような生活を始めています。が、話の中では特に豪遊している様子も無く、「投資家としてやっとスタート地点に立った」「上位のブロガーと比べると継続的に成果を出せるわけでは無い」など、非常に現実的な目線が印象的でした。また、「たまたま仮想通貨で当たっただけ」と本人達は言っていますが、かきぴーさんは2015年の末から仮想通貨投資を始めていますし、seiyaさんも参入は2017年5月だけ
  • ブロックチェーンプロジェクトFaceterプラットフォームのベータ版立ち上げの準備ができた

    今年3月、ブロックチェーンプロジェクトFaceterが1千万ドルを調達しました。目標額は2千8百万ドルでしたが、プレセール開始20秒後にその金額に達しました。今月には、取引所へFACEトークンの上場が予定されています。プロジェクトのコミュニティは、投票にてFACEのフリーホイーリングにとって最適な時期を決定しました。コミュニティの多くのメンバーが可能な限り早期の上場を主張していましたが、プロジェクトチームがトークンの完全な配布、フリートークンのバーン、組織問題の解決に成功したため、5月に投票しました。仮想通貨市場でプロジェクトを開始するとともに、Faceterチームはブロックチェーンを使用した